NEW

過激化する「インスタ映え競争」の闇と光…アイス持って自撮り→食べずに大量投棄事件も些細な話?

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナイトプールの様子
 この夏、20~30代の女子たちの間で「ナイトプール」が大流行したことをご存じだろうか。


 彼女たちの目的は、“インスタ”こと写真共有アプリのインスタグラムへの投稿だ。ライトアップされたナイトプールは、昼のプールよりも“インスタ映え”する。そのため、各地のナイトプールが撮影会場さながらの盛況を見せたのだ。

 一方、そんなインスタ女子に対して「どこに行ってもスマホで写真撮ってばかりでみっともない」「インスタのために必死になりすぎ」などと批判的な見方があるのも事実。先日には、インスタありきの迷惑行為の写真を投稿したツイートが炎上する騒ぎも起きた。

 はたして、インスタ映えブームはどこに向かおうとしているのか。

「いいね!」獲得に全力を注ぐインスタ女子たち


 まず、最近のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)事情を整理しておこう。

「フェイスブックと違い、インスタは10代後半から30代女性のアクティブユーザがほかのSNSに比べて圧倒的に多く、そこでは独自のカルチャーが生まれています」

 そう話すのは、「SNS映え」する投稿を分析し、SNS映えスポットを紹介する観光メディアSNAPLACE(スナップレイス)代表の椛島恵里香さん。

「同じSNSでも、フェイスブックは家族や会社の上司など幅広い世代が利用するため、より一般性のある写真が好まれます。逆に、インスタではフォトジェニックなものや、おもちゃ箱をひっくり返したようなかわいい写真に反応が集まりやすい。東京の観光スポットの写真にたとえれば、フェイスブックは東京タワー、インスタは原宿のカフェのカラフルなスイーツといったところでしょうか」(椛島さん)

 たとえば、原宿の「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」というカフェは、きゃりーぱみゅぱみゅを彷彿とさせるデコラティブな内装や過剰なほどカラフルに配色されたスイーツがインスタ映えするため、インスタ女子に大人気となっている。

 こうしたスポットのひとつとして、今夏にブームとなったのがナイトプールだ。

「高級ホテルのナイトプールは数年前からありましたが、この夏はSNSブームと相まって“インスタ映えする空間”として注目を集めました。よく、若い女子たちが憧れる海外セレブが高級リゾート地での自撮り写真をインスタにアップしますよね。ナイトプールなら、そうした“非日常”を演出する写真が手軽に撮れるため、インスタ女子の間で一大ブームとなったんです」(同)

 そもそも、「お互いをほめ合う」「人に『カワイイ』と言われたい」「うらやましいと思われたい」といった女子たちのコミュニケーションは、リアルな世界でも行われていた。その舞台が、現在はインスタに移行したわけだ。

「インスタグラムは自分のプロフィール下に写真が並びますが、それは一種の自己表現の場でもあります。つまり、投稿する写真の一枚一枚が自分の目指すアカウントの世界観にマッチするかを重視します。そんなふうにインスタを上手に使いこなしてオシャレな写真を載せる方は、多くのコメントや『いいね!』を獲得することも多く、憧れの存在になり得ます。そんなインスタグラムで地位を築き上げた人は、リアルな生活でも一目置かれる存在になりますよね」(同)

過激化する「インスタ映え競争」の闇と光…アイス持って自撮り→食べずに大量投棄事件も些細な話?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、InstagramSNSナイトプール写真女子炎上の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!