NEW

KDDI、設立からたった3年のベンチャー企業をケタ外れの巨額買収の「狙い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KDDIが入居するガーデンエアタワー(「Wikipedia」より)

 406兆2348億円――。これは、財務省が公表した2016年度の企業の内部留保額だ。企業が得た利益から株主への配当などを差し引いた利益剰余金(金融、保険業を除く)は、前年度より28兆円増え過去最高を更新した。企業は、ひたすらため込んでいるのだ。第2次安倍政権が発足した12年度以降、内部留保は124兆円積み上がった。

 膨大な内部留保を背景に、事業会社がスタートアップ企業に投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)が増え続けている。

 CVC投資は11年頃から目立ち始めた。口火を切ったのは通信会社だ。NTTドコモはNTTドコモ・ベンチャーズ、KDDIはKDDIオープンイノベーションファンドを立ち上げた。

 他方、ソフトバンクグループは別格だ。今年5月、サウジアラビアなどと共同で10兆円規模のソフトバンク・ビジョン・ファンドを設立した。

KDDIがIoT通信ベンチャーを破格の200億円で買収

 KDDIは今年8月、設立から3年に満たないベンチャー企業を200億円で買収した。KDDIが傘下に入れたソラコムは、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT向け通信サービスのベンチャーだ。国内のベンチャーを対象としたM&A(合併・買収)では、過去に例がない高値となった。

 ソラコムを創業した玉川憲氏は1976年、大阪府生まれ。東京大学大学院工学研究科博士課程修了。米国カーネギー・メロン大学MBA(経営学修士号)、同大学院MSE(ソフトウエアエンジニア修士号)を取得。IBM東京基礎研究所を経て2010年、アマゾン データサービス ジャパンに入社。アマゾンのウェブサービス、AWSの立ち上げを主導してエバンジェリストを務め、AWSの顔となった。エバンジェリストとは、主に技術的な話題を社内外にわかりやすく説明する職種をいう。

KDDI、設立からたった3年のベンチャー企業をケタ外れの巨額買収の「狙い」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、KDDINTTドコモコーポレートベンチャーキャピタルソフトバンクグループの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!