NEW

世界的に金銭からビットコインへの置き換えが本格化…金銭や銀行の必要性低下

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 2009年に登場して以来、世界中で加速度的に普及しているビットコイン。今や世界各地にビットコイン取引所ができ、ビットコイン決済が可能な店も増え続けている。ただ、日本ではまだビットコインは一般的でなく、「一過性のもの」「怪しいもの」として捉えている人も少なくないのが現状だ。

 最近では、ビットコインを使った日本発のサービスとしてVALU(バリュー)が話題になった。VALUは「仮想株式市場」という新たなプラットフォームで、仮想株式の発行者が自分自身の価値を、ビットコインを介して他人に買ってもらうというものだ。このVALUに、人気ユーチューバーのヒカルが参入したところ、多くの買い注文がついて価格が高騰した。だが、値段が高まったところで自身の保有する仮想株式を一気に売却したほか、関連する人々も立て続けに売却に動いたことから、インサイダー取引との疑惑が持ち上がり、大きな騒動となった。

 この騒動は多くの関心を集めたため、日本人のビットコインへの不信感をより高めてしまったのではないだろうか。

 しかし、ビットコインが世界的に認められている状況を考えると、日本人のビットコインに対する認識は正しいのか、疑問が湧いてくる。ビットコインの価値を正しく判断するためには、ビットコインがどのようなものなのか、持っていることによってどのような利点があるのかなどを知っておく必要があるだろう。

 そこで、『ビットコインは「金貨」になる 円崩壊に備える資産防衛策』(朝日新聞出版)の著者で、千代田国際経営法律事務所代表の石角完爾氏に、ビットコインの実態について話を聞いた。

ビットコインは安全性が非常に高い新時代の通貨


「ビットコインというのは、コンピューターの暗号技術と、ブロックチェーンというコンピューター技術の組み合わせによって生み出される暗号通貨で、現在の通貨システムを変える可能性を秘めた、まったく新しい通貨といえます。ですから、『ビットコイン=投資・投機商品』という捉え方は100%間違っています」(石角氏)

 石角氏の言うように、ビットコインを株式のようなものとして認識している人は多い。しかし、実はそれはまったくの誤りだという。それでは、ビットコインが世界中で注目されている理由は何なのだろうか。

世界的に金銭からビットコインへの置き換えが本格化…金銭や銀行の必要性低下のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、VALUハッキングビットコインの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!