NEW

大塚家具、囁かれるXデイ…資金ショート寸前、加速度的売上減で2期連続大赤字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚家具の大塚久美子社長(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

 ニトリホールディングス(HD)の株式時価総額は、2017年12月22日終値時点で1兆9587億円。ファーストリテイリング、セブン&アイ・ホールディングスに次いで小売業で第3位だ。対する大塚家具は180億円で、その差は109倍。かつての家具業界の2強は大差がついてしまった。

 ニトリグループの戸建て中古住宅販売のカチタスが17年12月12日、東証1部に上場した。初値は1665円で、公開価格の1640円を1.5%上回った。その後は値を上げ、12月22日には一時、2539円まで上昇した。上場来の安値(1638円)と比較すると55%高と堅調である。

 カチタスは買い取った中古の戸建て住宅をリフォームし、再び販売する中古住宅の再生事業を手掛ける。ニトリHDは17年4月、カチタス株の33.9%を233億円で取得。持ち分法適用会社に組み込んだ。カチタスの18年3月期の売上高は679億円、純利益は44億円の見込み。

 ニトリHDは年間4400戸超の中古住宅を販売するカチタスの販路を生かし、家具の拡販につなげる。ニトリHDの白井俊之社長は「リフォーム事業で倍々の成長ができるようにしたい」と語る。カチタスは家具なしで住宅を販売していたが、今後は住宅とニトリの家具をセットで提供すると、意欲を示した。さらにニトリの店舗に実験店(ショールーム)を開設することを検討。新たな顧客との接点とする。

 ニトリHDが17年12月22日に発表した17年3~11月期の連結決算は、売上高が前年同期比11.5%増の4227億円、営業利益は0.3%増の704億円、純利益は7.7%増の512億円。純利益は同期間としては最高だった。

 都心部の出店拡大で客層を広げた。17年6月に東京・渋谷に都心型で最大規模のニトリを開業した。シダックスの旗艦カラオケ店だった「渋谷シダックスビレッジクラブ」の跡地を借り受けて改修。地上9階建てで延べ面積は5980平方メートル。3月15日に東武池袋本店の6階に開いた店(3800平方メートル)を超えて都心型で最大となった。

 既存店も前年同期(8店)の4倍強にあたる35店を改装し集客力を高めた。家具や住宅衣料の販売が伸び、3~11月累計の既存店売上高は2.4%増、客数は4.5%増えた。

 半面、人手不足に伴う人件費や物流費が増えたほか、積極出店や改装で費用がかさみ、営業利益は微増にとどまった。売上高営業利益率は16.7%と2ポイント弱低下した。一方、3~5月期に計上した中国の物流子会社の売却益(38億円)が純利益を押し上げた。

 18年2月期の通期予想は据え置いた。売上高は前期比10.7%増の5680億円、営業利益は15.4%増の990億円、純利益は14.2%増の685億円の見込みで、31期連続の増収増益となる。年間配当は92円と前期から10円の増配を予定している。

大塚家具、囁かれるXデイ…資金ショート寸前、加速度的売上減で2期連続大赤字のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ニトリホールディングスファーストリテイリング大塚家具の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事