NEW

医学部進学率76%の家庭教師派遣業!偏差値35からも!運営者は常識破りの現役医師

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「MEDUCATE」の講師陣

パラレルワーク」という言葉を知っているだろうか。複数の仕事を持ち、複数の収入源を持つことを指し、パラレルワークによってより安定し自由な生き方を選ぶ人をパラレルワーカーと呼ぶ。これからの時代の働き方の主流となるだろうといわれている。これを単に「副業のことだろう」とする見解は間違いである。

 パラレルワーカーは、複数の仕事において、それぞれプロフェッショナルとして働き、必要とされる人である。終身雇用も年功序列も、もはや幻想と化すような社会となった今、パラレルワークは、これから重要度が増していくことだろう。

 今回は、医師という安定した職に就きながら、さらにパラレルワーカーとして貪欲に働く細井龍氏に話を聞いた。

医師、家庭教師派遣運営、投資、タレント

 細井氏は、形成外科医・美容外科医として手術に勤しむかたわら、ハイクラス家庭教師派遣「MEDUCATE」を運営する。医師としても、特定機能病院で最新医療を研鑽しながら患者を救うほか、美容外科医として全国の美容外科を飛び回り患者のために手術に勤しんでいる。医師になった以上、人を救いたいという願いが根底にある。しかし、医療への葛藤もあるという。

「基本的に医療というのは、病気というマイナス状態から健康というプラスマイナス0に戻す仕事。できることならプラスとなる手助けがしたいと考えているのですが、医師としてできることは限界があります。」

 そういった思いを抱える一方で、大学生時代から続けた家庭教師に可能性を感じたという。

「教育は、0から無限大をつくる仕事です。美容医療にも通じますが、私は自分が関わった人の『今の人生』をさらに魅力ある人生にする一翼を担うことができればと思っています」

 そういった思いから始めたMEDUCATEは、大手進学塾を凌ぐ勢いで実績を上げている。現役医師が教育業界に参入することは珍しい。MEDUCATEの教育システムは、医学的な見地に基づいた独自の方法で、ほかの塾が提供する教育とは異なっているという。講師陣には、超難関国立大医学部生を揃え、各講師の実際の医学部受験の経験を生かした、他社にない指導を行っている。

「特に将来の夢や目標が定まっていないという人には、ぜひ医学部を勧めたいです。医学部に合格することは決して難しくありません。正しい方法で効率よく勉強すれば合格は可能です。他塾では教えていない“教育の本質”を正しく伝えつつ、成績を上げるために必要なのは単純な学習だけではないということを指導しています。実際に、3年かかりましたが、偏差値35から医学部へ合格した生徒もいます」

 現在、超難関大医学部に在籍する300人の講師が、小学生から高校生、浪人生まで幅広い生徒を指導している。今年のMEDUCATEの医学部進学率は76パーセントという実績を出している。多くの生徒から『先生と会って人生が変わりました』と言われた時の感動はなににも変えられないという。

 まさに家庭教師としてもプロといえる細井氏だが、その才能は投資やメディア出演でも発揮され、活躍の場を広げている。

医学部進学率76%の家庭教師派遣業!偏差値35からも!運営者は常識破りの現役医師のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、パラレルワーク医学部医師家庭教師の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!