NEW

前代未聞…住友と古河が別会社を舞台に熾烈抗争

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
UACJ本社が入居する東京サンケイビル(「wikipedia」より)

 アルミニウムメーカー国内最大手のUACJは4月13日、2月末に公表した会長と副会長の人事案を撤回すると発表した。24.90%を出資する筆頭株主である古河電気工業の小林敬一社長が人事案に異議を唱え、株主総会で反対する意向を表明していた。新日鐵住金など他の大株主も古河電工に同調して反対に回る可能性が取り沙汰されていた。

 上場企業の首脳人事が大株主の意向で覆るのは前代未聞の珍事だ。当初の人事案は、山内重徳会長が留任し、岡田満社長が副会長に就任。岡田氏の後任社長に石原美幸取締役兼常務執行役員を充てるという内容だった。山内・岡田両氏は代表権を維持し、石原新社長と合わせて3人が代表権を持つとしていた。

 UACJは3人のうち山内氏と岡田氏の人事案を撤回。両氏は代表取締役を退いて相談役になる。会長のポストは空席とする。代表権は石原氏と、専務執行役員の中野隆喜氏、種岡瑞穂氏の計3人が持つかたちに変更する。

 筆頭株主と経営陣とのバトルは、合併の立役者である2人が表舞台から退場することで決着がついた。合併会社につきもののお家騒動だが、「古河と住友のトップ人事をめぐる主導権争い」(証券アナリスト)との冷ややかな声も聞こえてくる。

堪忍袋の緒が切れた古河電工

 UACJは2013年10月、古河電工のアルミ子会社・古河スカイと住友金属工業(現新日鐵住金)系の住友軽金属工業が合併して誕生した。住友軽金属社長の山内重徳氏が会長に、古河スカイ社長の岡田満氏が社長に就いた。

 山内氏は東京大学工学部を卒業後、住友軽金属工業に入社し、後に社長就任。岡田氏は京都大学大学院工学研究科を修了後、古河電工に入社し、古河スカイに移った。共にエンジニアだ。この時点では、社長のポストを手にした古河スカイ側がUACJの主導権を握ったかに見えたが、それから4年半――。力関係はすでに逆転していた。

 今年2月27日、UACJは合併後初の社長交代人事を発表した。人事案は、6月21日の株主総会後に、石原氏が社長に昇格するというものだ。石原氏は名古屋大学工学部金属学科・鉄鋼学科を卒業後、住友軽金属に入社した生え抜き。

 だが、この首脳人事に筆頭株主の古河電工が激怒した。古河電工は2月27日、プレスリリースを公表。UACJの現状について「合併効果の実現に至らず、株価も合併時よりも下洛している」と指摘。その上で「社長交代に異論はないが、ガバナンス上、大きな問題がある」と山内氏と岡田氏の取締役からの退任を求めた。

 理由はともかく、本音は人事権を旧住友軽金属に奪われたことへの憤りだ。新人事案では、会長の山内氏と社長の石原氏は旧住友軽金属の出身。旧古河スカイ出身の岡田氏は“中二階”の副会長に棚上げされる。UACJを旧住友軽金属に乗っ取られたと、怒りを爆発させたわけだ。

前代未聞…住友と古河が別会社を舞台に熾烈抗争のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、UACJアルミニウム住友軽金属工業古河電気工業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!