NEW
高橋篤史「経済禁忌録」

不動産業界を席巻した旧ダヴィンチ・金子元社長が復活→直後に裁判で想定外の敗訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 かつて不動産業界を席巻したダヴィンチ・ホールディングス(現DAホールディングス)を率いた金子修氏が帰ってくる。リーマンショック後、表舞台から姿を消していたが、6月末にジャスダック上場の不動産会社、LCホールディングス(旧ロジコム)の代表取締役に就任するのだ。そんな矢先、金子氏はある民事裁判で逆転敗訴判決を受けた。厚生年金基金に巨額の損失を負わせた利益相反行為があったとされたのである。

 1947年生まれの金子氏は長谷工コーポレーションの米国現地法人の社員を経て独立、80年代に米国でホテル開発会社を興した。その会社が立ち行かなくなると、98年に日本でダヴィンチ・ホールディングスの前身を設立。同社は高レバレッジの私募ファンドを駆使した米国流の手法を持ち込み、2001年にはナスダック・ジャパン(のちの大証ヘラクレス市場)に上場を果たした。

 00年代半ばに都心で不動産ミニバブルが膨らむと、ダヴィンチの手法は当たった。有名なのは06年に組成した通称「1兆円ファンド」。東京駅前のパシフィックセンチュリープレイスや「軍艦ビル」とも呼ばれた芝パークビルなど、1000億円超の大型物件を次々と取得していった。

 金子氏の米国流は根回しが重視されてきた日本においては異端でもあった。テーオーシーのMBO(経営陣による自社買収)に横やりを入れて敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けたり、JR大崎駅前に広大な工場跡地を保有する明電舎の株主総会に乗り込んで再開発への参画を直談判したりした。保有不動産に目を付けて東映株の買い占めも行った。

 ダヴィンチは従業員の平均給与が高いことでも知られたが、そんな絶頂期はすぐに終わった。リーマンショックで不動産市場が瓦解すると、ダヴィンチ傘下のファンドは大きく毀損。同社は08年12月期に179億円の最終赤字に転落、翌期には赤字額が263億円に膨らみ、単体では債務超過に陥った。株価も低迷、ついには10年6月、上場廃止となる。その後、ダヴィンチは保有物件の処分を進めるだけの実質的な清算会社と化し、金子氏も表舞台から姿を消した。

満を持して復活


 それから約6年、金子氏がじわりと動きだしたのは16年のことだ。その年3月、金子氏は旧ロジコムの第三者割当増資7億円を引き受け、同社の第2位株主(保有割合約15%)に躍り出た。もっとも旧ロジコムは同時にダヴィンチ株を金子氏から7億円で買い取ったので、カネがぐるっとひと回りしたかたちだ。前の月、金子氏は旧ロジコムの子会社で人知れず特別顧問に就いていた。

不動産業界を席巻した旧ダヴィンチ・金子元社長が復活→直後に裁判で想定外の敗訴のページです。ビジネスジャーナルは、連載、LCホールディングスダヴィンチ・ホールディングス金子修の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事