NEW

立教大学の書店、なぜ店員は一斉に辞めてしまったのか? 某大手書店の「振る舞い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立教大学池袋キャンパス正門(「Wikipedia」より/ペン太)

 立教大学の池袋キャンパスに、「丸善キャンパスショップ立教大学池袋店」がある。運営するのは、丸善雄松堂。文化施設の建築・内装、図書館業務のアウトソーシングなども手がける大手書店だ。

 昨年の秋から今年の春にかけて、この書店に10~20年勤めていたベテラン書店員がほとんど辞めてしまった。新たに入った新人も数カ月で辞めていった。大学の書店であるから、もっぱら講義で使われる教科書を売るのが、10年ほど前までの同店の姿だった。学生たちがやってくるのは、ほとんど4月と9月のみだった。

 それではもったいないと考えた書店員たちが、文芸書や美術書を置き始めた。学生たちが「丸善で待ち合わせしよう」と言い交わすような場所にするのが、書店員たちの夢だった。売れ筋のものではなく、読んでほしいと勧めたい本を並べた。熱心な書店員は休日を使って本を紹介するフリーペーパーをつくった。これはそのまま、並べた本に立てるPOP広告としても使えるという優れものだった。本の売り方を指導されたことはなく、営業にやってきた出版社の社員に質問して、ノウハウを身につけていった。

 こうした努力が功を奏して、学生だけでなく教職員も訪れるようになった。書店は大学キャンパス内のセントポールプラザにある。道路に面していて外に向かって開かれた建物。近隣の住民もやってくるようになった。

 書店員たちは「あの先生なら、この本を買うだろう」「いつも来る近所のあの小父さんなら、あの本を買うだろう」と、客の顔を思い浮かべながら本を選ぶ。「あの本ある?」と聞かれて「ありますよ!」と小父さんに本を差し出す。「先生だったら、この本買うと思ってたんですよ」「あーあ、罠に引っかかったな」と教員が笑う。

 書店員が進んで選書をするため、昨年のノーベル文学賞受賞の際には、カズオ・イシグロの著作は一通り揃っていた。予想外の受賞であったため、多くの書店では慌てて発注していた最中である。しばらくしてからの本部からの連絡は、「カズオ・イシグロの著作を順次揃えるように」というものであった。

 2013年にTBS系列で放送された連続テレビドラマ『半沢直樹』がヒットした時も、原作の池井戸潤著『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』がずらりと並べられていた。それを見た丸善の他店舗の書店員から、「なんでこんなにあるんですか? うちにも回してください」と驚かれた。

立教大学の書店、なぜ店員は一斉に辞めてしまったのか? 某大手書店の「振る舞い」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アルバイト丸善キャンパスショップ立教大学池袋店書店員の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事