NEW

パチスロ『モンキーターン3』を超える? 新生バトルART機『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』の爽快感が旋風を巻き起こすのか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『モンキーターン3』を超える? 新生バトルART機『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』の爽快感が旋風を巻き起こすのかの画像1
(C)ゆでたまご・東映アニメーション/(C)YAMASA

 創立50周年を迎えた『山佐』が勝負に出る。

 大人気シリーズ最新作パチスロ『モンキーターン3』は、ホールで絶賛稼働中。シリーズ最高峰と評される"圧倒的ループ"を搭載した本機は、2017年の大本命と評されていた。

 そんな『モンキーターン3』に続くのは、国民的人気漫画『キン肉マン』(集英社)の最新機種。新生バトルART機『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』だ。

 初代パチスロ『キン肉マン』の遺伝子を継承。新たなゲーム性を融合した"新生バトルART機"として、早い段階より注目を浴びていた話題作である。

 ART「マッスルタイム」は純増約2.0枚。前兆+高確ステージの「友情モード」や、「火事場のクソ力モード」「悪魔の小箱」という自力チャンスゾーンを契機に突入する。

 ARTのゲーム数にはリミットが存在せず、バトルに勝てば勝つほど継続。約1/40のバトル目成立で超人タッグバトルに突入し、敗北でART終了・勝利すれば再びARTとなる。バトル目を引かずにロング継続させられるかがカギになるだろう。

 ART継続をかけた「超人タッグバトル」の勝利期待度は約75%。一撃大量獲得も可能だ。ドッキング図柄ナビが出現すれば激アツ。どんな時でも勝利の期待度が大幅にアップする。図柄停止で勝利へのフィニッシュホールドを決める事ができるが、3連図柄を止めた時の爽快感は格別。この快感を求めて遊戯するユーザーが続出しそうな気配だ。