NEW

武豊騎手が皐月賞にダンビュライトで参戦! 「朗報」のはずが、一部ファンからはなぜか「残念」の声

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手が皐月賞にダンビュライトで参戦! 「朗報」のはずが、一部ファンからはなぜか「残念」の声の画像1

 先日の弥生賞(G2)で3着に入り、皐月賞(G1)の切符を手にしたダンビュライト(牡3 栗東・音無厩舎)が、武豊騎手と新コンビを組むことがわかった。

 ダンビュライトは父ルーラーシップ、母父サンデーサイレンスという良血馬で、初年度であるルーラーシップ産駒の中ではもっとも期待されている素質馬だ。弥生賞では5番人気ながらしっかりと馬券圏内を確保し、クラシックへの道筋を作った。

 デビュー戦は松若風馬騎手で勝利したものの、その後は一貫してC.ルメール騎手が騎乗していた同馬だったが、ルメール騎手がホープフルS勝ち馬レイデオロに騎乗するため、今回の乗り替わりとなったのだろう。

 武騎手としてはこれは間違いなく朗報。武騎手は今年エアウィンザーでクラシックを狙う予定だったが、共同通信杯で大敗するなど道は閉ざされてしまった。お手馬がいない状況で、今年のクラシックで活躍することは厳しいと予想する声も多かっただけに、喜びも大きいに違いない。

「ダンビュライトが前走の弥生賞で3着に入ったことは、皐月賞行を決めたこと以上に価値があります。超がつくスローペースとなった同レースは瞬発力勝負。パワーに寄った印象のある同馬に向いたレース展開ではなかったのですが、しっかり3着を確保したのは能力の証でしょう。

武豊騎手が皐月賞にダンビュライトで参戦! 「朗報」のはずが、一部ファンからはなぜか「残念」の声のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ダンビュライトルーラーシップ武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!