NEW

長瀬智也『ごめん、愛してる』6話で視聴率崩壊!? 邪魔しているのはアノ「スポーツ番組」か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長瀬智也『ごめん、愛してる』6話で視聴率崩壊!? 邪魔しているのはアノ「スポーツ番組」かの画像1

 20日に放送される長瀬智也主演『ごめん、愛してる』(TBS系)の第6話。ここまで一度は2ケタ視聴率に乗せたものの、その後は9%台を抜け出すことができないでいる。

「もともと韓国ドラマ原作で、暗い内容が『日曜劇場』に向かないのでは、と言われていましたからね。なかなか上昇していかないもの仕方がないでしょう。完全に悲劇ですし、最初から敬遠する人が多いのも当然です。それでも低下せずキープはしていますし、固定ファンはついているのでしょうね」(記者)

 一部では「韓国ドラマ原作だから見ない」「需要ないよ韓国原作なんて」という声もある同作。

 最近は『下町ロケット』や『小さな巨人』など「男のドラマ」で視聴率を稼いできた印象のある『日曜劇場』。ドロドロの愛憎劇である今作に関しては、視聴者層が大きく異なる印象は否めない。

 そして今後は、さらに視聴率が下降する可能性も浮上している。

「5話は本来であれば先々週に放送されていたはずでしたが、同局『世界陸上』で1週お休みになってしまいました。1週おいての5話段階では数字が落ちることはありませんでしたが、こうした場合、後半に一気に視聴率が低迷することも......。今後大きく下落する可能性は否定できません。救いのない物語にどこまで視聴者がついてくるのか......」(同)

 上昇要素よりも、明らかに下降要素のほうが強いドラマのようだ。

長瀬智也『ごめん、愛してる』6話で視聴率崩壊!? 邪魔しているのはアノ「スポーツ番組」かのページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、ごめん、愛してる視聴率長瀬智也の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!