NEW

月9『コード・ブルー』9話視聴率が再暴落!? 「明るい未来」に向けての"最低条件"とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月9『コード・ブルー』9話視聴率が再暴落!? 「明るい未来」に向けての最低条件とはの画像1

 11日に9話が放送される『コード・ブルー』(フジテレビ系)。後半になって恋愛ドラマっぽさが加速している同ドラマだが、8話では15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上昇傾向だ。

 しかし、この視聴率上昇を安易に喜べない状況だとか。

「新キャストである新木優子が宗教団体『幸福の科学』の信者であると先月31日発売の『週刊新潮』が報じた影響はあったかもしれません。

大川隆法総裁が新木の『守護霊インタビュー』を行い、彼女が幸福の科学を信仰していることを明かしたようです。信教は自由ですが、衝撃的でしたし、チャンネルを回した視聴者も少なくなかったのでは......。再下降ということもあるかと」(記者)

 もともと脚本家変更に新キャスト乱立でゴチャゴチャした状況など不安要素も多く、視聴率は停滞していた。視聴者にとってその懸念が解消されたわけではない中での視聴率上昇。そういった意見が出るのも自然ではあるだろう。

 今期ドラマではダントツの視聴率を確保している同ドラマだけに、このまま上り調子で放送を終えたいところ。そしてそれは、何よりフジテレビが願うことでもある。

「フジテレビとしては、久々に『シリーズもの』の成功例で、できれば今後も継続していきたいはず。新人フェローの話もまだまだ掘り下げられそうですし、継続の材料は揃っています。

もし視聴率が2ケタを割って終了となれば、その未来にも大きな暗雲となるのは想像に難くない。現在のフジ上層部はシビアのようですし......。いずれにせよ、ここから最終回までが本当の勝負といえそうです」(同)

 果たして、フジ久々のスマッシュヒットとして終われるのだろうか。ここからが制作陣の腕の見せ所ということか。

月9『コード・ブルー』9話視聴率が再暴落!? 「明るい未来」に向けての"最低条件"とはのページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、コード・ブルー月9視聴率の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!