NEW

パチスロ5号機問題を超える「破滅」......「ホール倒産ラッシュ」到来で業界の存続「悪夢のシナリオ」!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoten.jpg

 パチンコ・パチスロユーザーの熱視線を集める「グランドオープン」。新たに営業を始めるグランドオープンは、その地域に根付くための重要なイベントである。

 店側は常連客を得るために、過剰なサービスを行うことも珍しくない。「高設定を用意する」など、多少無理をしてでも「勝ちやすい状況」を作る傾向にあるのだ。

 最近では「客寄せの要素が強い」「活気があるだけ」という声も上がっているが、注目されるイベントであることは間違いない。出玉設定の高さに期待できるグランドオープン目当てに、遠方から足を運ぶユーザーも存在する。

 そんなグランドオープンは年末に集中することが多い。この時期になると各地のグランドオープン情報が話題になるのだが......。

「今年に関しては恒例のグランドオープン情報を、ほとんど聞きませんね。やはり旧基準30%規制や前倒し認定の影響が大きいのだと思います。この時期にグランドオープンをするのはリスクが高すぎますよ。逆に閉店イベントをするホールの方が多いかもしれませんね。

 規制によって想定外の入れ替え費用を負担しなければなりません。大手ではない体力のないホールは、厳しい状況に追い込まれるでしょう。今回は前倒し認定が可能になっていますので、3年は現状の設置台を使うことができますが......一時的な猶予という印象です。年末の旧基準30%のタイミングで、営業を断念するホールも出てくるかもしれません」(パチンコライター)

 ピークとなる1995年には約1万8000店も存在していたパチンコ店だが、2017年には店舗数が1万店を割ったことが明らかになっている。2018年2月より出玉規制が施行されることを考えれば、今後も激減していくことは間違いないだろう。

 あの"悪夢"の再来は現実的とも言えそうだ。

パチスロ5号機問題を超える「破滅」......「ホール倒産ラッシュ」到来で業界の存続「悪夢のシナリオ」!?のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、グランドオープンパチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!