NEW

『スラムダンク』パチンコが存在した? 伝説のバスケ漫画がパチンコ店へデビューする日は......

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『スラムダンク』パチンコが存在した? 伝説のバスケ漫画がパチンコ店へデビューする日は......の画像1

SLAM DUNK(スラムダンク)』のパチンコが存在した?

 90年代に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されたバスケットボール漫画の金字塔。アニメやゲームも制作された『スラムダンク』は、日本中にバスケットブームを巻き起こしただけではなく、世界中から絶賛された伝説の漫画です。

 そんな『スラムダンク』のパチンコが「過去に開発されていた!?」との情報が浮上!

 予てより「パチンコ化しないの?」「絶対に面白くなる!」とタイアップ化が期待されていた作品。「復活は安西先生の『あきらめたらそこで試合終了ですよ』しかない」「花道の『天才ですから』は金カットインでしょ」など、パチンコ化を楽しみにしているファンは未だ存在しています。

 仮に事実であれば、まさに夢の実現と言えますが......。


 残念ながら......残念ながら、この情報は"ガセ"と判明しました。

 どうやら2001年にメーカー平和から発売された、バスケットボールを題材にしたパチンコがタイアップ機と勘違いされ生まれたようです。

 その正体は、古参ファンの多くが「忘れられない名機」と口にする『CRスーパーダンク』。『スラムダンク』人気の影響もあり、大注目された伝説のパチンコです。

「ワイド液晶と2つのスタートチャッカーが大きな特徴ですね。この液晶は当時としては最大級の大きさで、衝撃を受けた思い出があります。スタートチャッカーが真ん中ではなく左右に2個あるのも斬新でした。バスケット人気も高かったこともあり、注目する人間は多かった印象です。

 最大の魅力は爆発力ですよ。確変になれば、その後は2回ループですからね。出玉は本当に強力でした。登場人物の3人が協力してゴールを狙うのですが、普通のシュートだけではなくダンクシュートがあるなど、リーチも多彩で面白かったですね。リーチにアニメーションを使った台が増えてきた時代でしたが、この機種はレベルが高かったと思います」(記者)

『スラムダンク』パチンコが存在した? 伝説のバスケ漫画がパチンコ店へデビューする日は......のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、スラムダンクパチンコパチンコ スラムダンクの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!