NEW

「大穴男」江田照男が「"舞台"移籍」!? 「重賞クラッシャー」から「初物大好き」で変わらぬ輝き

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「大穴男」江田照男が「舞台移籍」!? 「重賞クラッシャー」から「初物大好き」で変わらぬ輝きの画像1

 競馬界きっての"「穴男」"が密かに注目を集めているようだ。

 今年で46歳になるベテラン・江田照男騎手。これまでスプリンターズS(G1)を最低人気のダイタクヤマトで勝利、また単勝355.7倍のテンジンショウグンで日経賞(G2)を勝利するなど、中山競馬場で数々の伝説を残してきた穴男としてファンからは親しまれている。

 そんな名手(!?)も寄る年波には勝てないのか、一昨年前から乗鞍と勝ち星が減少傾向にある。重賞勝ちも2012年の日経賞で12番人気のネコパンチを勝利に導いて以来、ナシ。穴男としては少々寂しい成績に終わっている。

 だが重賞の大舞台からは移動したものの、その職人芸は未だに健在だという。

「江田騎手は昨年から、新馬戦で人気薄の馬を勝たせると一部で評判なんですよ。今年も先週の東京第3Rで9番人気だったノーブルカリスで見事な逃げ粘りを見せて勝利。3連複73,040円、3連単は1,023,900円の大波乱の立役者となりました。

 最近は彼の馬券を買うならば新馬戦だとされ、少数の関係者たちからは『新馬の江田照』とも呼ばれています」(現場記者)

 昨年、江田照男騎手は10勝に終わったが、その内の3勝を12月の中山競馬場で行われた新馬戦であげている。12月10日の中山第5レースでは13番人気のトーセンウィナーで、12月24日の中山第5レースを9番人気のウイングセクションで、それぞれ勝利し万馬券を演出。"穴男"の面目躍如といえるパフォーマンスを発揮した。

「大穴男」江田照男が「"舞台"移籍」!? 「重賞クラッシャー」から「初物大好き」で変わらぬ輝きのページです。GJは、競馬、新馬戦江田照男穴男の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!