NEW

パチスロ「コミケ撤退」メーカー、ついに復活か!? 「成功コンテンツ」「新キャラ?」登場で「起死回生」となるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「コミケ撤退」メーカー、ついに復活か!? 「成功コンテンツ」「新キャラ?」登場で「起死回生」となるかの画像1


 昨年12月29日から31日まで開催された、世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット93」。アニメ関連企業だけではなく、人気パチスロメーカーのサミー、藤商事もブースを出展しパチスロファンの間で大きな反響を呼んだが......。

 今回を最後に「コミックマーケット」の出展を見送るメーカーもあった。それが、萌えコンテンツに定評がある「ネット」だ。

 2008年の初出展以来、今回で10年目の出展となった同社。アニメキャラクターを用いた「萌え」に馴染み深く、いち早く「萌えスロ」を取り入れたメーカーである。

 そんな"元祖萌えメーカー"の「見送り発表」に悲しみの声が相次ぎ、なかには「最悪のケース」を想定する意見も......。

「昨今のネットはヒット機種に恵まれない状況が続いています。おしりペンペンタイムで人気を博したシリーズ機『シンデレラブレイド3』、同社の人気キャラクターが勢揃いした『ドリスタせかんど』など、看板コンテンツでさえ厳しい結果となりました......。そうした状況ということもあり、ユーザーからは『会社経営の危機』なんて声もちらほら聞こえてきますよ」(記者)

 確かに、最近はユーザー間でネット機種に関する話題は少なく、パチンコホールからもその多くが撤去された印象だ。会社自体が危惧されるのも当然だろう。

 ただ、今後の展開次第では「復活する」と見る向きもある。

パチスロ「コミケ撤退」メーカー、ついに復活か!? 「成功コンテンツ」「新キャラ?」登場で「起死回生」となるかのページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、コミックマーケットネットパチスロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!