NEW

【アーリントンC(G3)展望】実績上位のタワーオブロンドンがマイル戦に挑む!昨年から噂される距離不安の払拭なるか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【アーリントンC(G3)展望】実績上位のタワーオブロンドンがマイル戦に挑む!昨年から噂される距離不安の払拭なるか?の画像1

 今年からNHKマイルC(G1)のトライアルレースとなり、阪神競馬場最終週へと開催時期が変更となったアーリントンC(G3)が14日(土)に開催される。先週のニュージーランドT(G2)同様に上位3着馬までに本番への優先出走権が与えられる重要なレースとなっており、混戦模様の3歳マイル戦で主導権を握るのがどの馬になるか、注目が集まる。

 そんな重要なレースに出走を予定するタワーオブロンドン(牡3、美浦・藤沢厩舎)はここまで重賞1勝を含む3勝を上げる素質馬。NHKマイルC(G1)へ向けて今年の初戦を迎えることになる。

 デビュー戦ではスタート直後から早めに先頭に立つ形となったが、直線でも後続を寄せ付けない安定したレース運びで難なく初勝利。2戦目のクローバ賞(OP)では単勝オッズ1.7倍という圧倒的な人気となるも、直線での追い比べで遅れを取り2着に敗れた。勝ち馬よりも4コーナーでかなり外目を回された分の差で、上りタイムが最速だったことを考えれば、あと少しコース取りが違っていれば結果も変わっていたはずだ。

 続くききょうS(OP)では初めての輸送競馬となり馬体重を若干減らしてのレース。ここでも圧倒的な人気でこの馬に対する期待が表れていた。レース内容も盤石で縦長の展開となる中でも慌てることなく道中は脚を溜め、直線で鋭く伸びての快勝。初めての重賞挑戦となった京王杯2歳S(G2)でも抜けた人気は変わらず、3戦連続で単勝オッズ1倍台。マークも厳しくなる中でのレースとなったが、自分の競馬に徹すると上り最速をマークしての完勝と大物感が漂った。

 唯一の完敗となったのが朝日杯FS(G1)だ。レース前から「マイルは距離が長すぎるのでは」と言う情報がささやかれると、その不安は現実のものとなり、それまでのレースでは上がりタイム2位以内を誇った自慢の末脚が不発に終わり、3着確保が精一杯。

 今回は2度目のマイル戦への出走。課題となる距離克服が最大のポイントとなりそうだが有力候補であることは間違いなく、この時期の3歳馬はまだまだ成長途上ということもあり、昨年とは一味違った姿を見せてくれるはずだ。大事な前哨戦で本番へ向けての不安を拭い去りたいところだ。

【アーリントンC(G3)展望】実績上位のタワーオブロンドンがマイル戦に挑む!昨年から噂される距離不安の払拭なるか?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、JRAアーリントンCタワーオブロンドンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!