NEW

JRA浜中俊騎手「消極的発言」で安田翔伍調教師と対立? 皐月賞(G1)展開の鍵を握るケイティクレバー、サンリヴァルら「逃げ馬5頭」の考察

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA浜中俊騎手「消極的発言」で安田翔伍調教師と対立? 皐月賞(G1)展開の鍵を握るケイティクレバー、サンリヴァルら「逃げ馬5頭」の考察の画像1

 15日に中山競馬場で開催される皐月賞(G1)の出走馬及び、枠順が決まった。

 大本命馬ダノンプレミアムの回避など、今年は3年ぶりにフルゲートを割った16頭立て。最大の特徴は16頭のうち、逃げ馬(前走2番手以内)が5頭もいることだ。これだけを見てもハイペース必至のレースになることは容易に想像できるが、そんなレースに限って逃げ馬同士が牽制し合い、スローペースに落ち着いたりするところが競馬の難しさといえる。

 そこで今回は展開の鍵を握る「逃げ馬5頭」をフォーカスし、皐月賞の展開及び並び順を考察してみたいと思う。

 ハナに立って主導権を奪うことに並々ならぬ執念を見せているのは、若葉S(OP)を逃げ切って皐月賞切符を掴んだ「3枠6番」アイトーン(牡3歳、栗東・五十嵐忠男厩舎)だ。

「陣営は早くから逃げ宣言をしていますね。前に行きたい馬が揃いましたが『他に行く馬がいても関係ない。行かないことには結果が出てない』と"何が何でも"という雰囲気を漂わせています。3枠6番という内目の枠を引き当てましたが『外から被されても、まくって(ハナを)奪い返す』とあくまで強気。場合によっては大逃げまでありそうですし、今年の主導権を握るのはこの馬ではないでしょうか」(競馬記者)

 また、アイトーンに騎乗する国分恭介騎手も、師匠の五十嵐忠男調教師の管理馬で初めてクラシックに挑むとあって気合十分。「週刊ギャロップ」(サンケイスポーツ)では「ここで逃げなかったら僕は仕事をしていないことと同じ」と並々ならぬ覚悟を見せている。

 ただ、これだけの「決意表明」をしているアイトーンでも、易々と単騎逃げは打てないのかもしれない。若駒S(OP)を逃げ切った「4枠8番」ケイティクレバー(牡3歳、栗東・安田翔伍厩舎)もハナに色気を持っているからだ。ただ前出の記者によると、こちらは陣営内で意見の"食い違い"があるというが......。

JRA浜中俊騎手「消極的発言」で安田翔伍調教師と対立? 皐月賞(G1)展開の鍵を握るケイティクレバー、サンリヴァルら「逃げ馬5頭」の考察のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、サンリヴァル浜中俊皐月賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!