NEW

武豊「凱旋門賞」へクリンチャーと出撃濃厚! すべては「次」次第になるが......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「凱旋門賞」へクリンチャーと出撃濃厚! すべては「次」次第になるが......の画像1

 阪神大賞典(G2)で単勝1.9倍の1番人気に推されながら、3着に敗れたクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)。次走予定の天皇賞・春(G1)で巻き返しが期待される同馬が、今秋に凱旋門賞(仏G1)へ挑戦を検討していると「スポーツ報知」が報じた。

 同紙によれば、クリンチャーは現在、ジャンダルムとともに一次登録を申請中。2頭の馬主であるノースヒルズの前田幸治氏は、クリンチャーの挑戦についてあくまでも「天皇賞・春で勝ち負けをしてくれれば」としたものの、「重い馬場の適性はキズナよりも上ではないかと思っています」と、2013年に出走したキズナを引き合いに出しつつ期待を込めたという。

 昨年、クリンチャーはクラシックを走破したものの、菊花賞(G1)2着が最高成績。しかし今年の始動戦となった 京都記念(G2)では、ダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアインに快勝。昨年の借りを返したことで現役トップクラスの実力を持つ一頭として数えられるようになっていた。

「長距離を得意とし、悪路も苦にしないパワーを持つクリンチャーですが、秋は国内でその適性にあったレースはあまり見当たりません。海外遠征を視野に入れるのは当然のことだと思います。

クリンチャーは前走の阪神大賞典から、好成績を残していた藤岡佑介騎手から武豊騎手にスイッチしました。この判断もすでに海外での出走を視野に入れており、経験豊富な武豊騎手とタッグを組ませたいと考えた上でのことだったんです」(競馬誌ライター)

武豊「凱旋門賞」へクリンチャーと出撃濃厚! すべては「次」次第になるが......のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、クリンチャー凱旋門賞武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!