NEW

コカ・コーラ、やっぱり味や炭酸の強さが変わった?コカ・コーラさんの「爽やかな」回答

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コカ・コーラ 500ml(「Amazon HP」より)

 2016年の大みそか、渋谷駅の周辺が歩行者天国となり、約6万7000人(主催者発表)が集まったという大々的な年越しカウントダウンイベントが実施された。協賛は、渋谷区に本社を構える日本コカ・コーラ。特設のフォトブースで記念撮影した参加者にはコカ・コーラの限定ボトルを振る舞うなど、「コークであけおめ」を合言葉に、年明け一発目の乾杯を盛り上げたのである。

 そして迎えた17年は、日本コカ・コーラの前身である日本飲料工業が設立され、我が国でコカ・コーラの製造が始まってから60周年となるメモリアルイヤーだ。同社が自ら「独特の味わい」と謳うように、その刺激的な口当たりは、老若男女の誰もが知るところだろう。

 しかし、それほどまでに親しまれている飲料でありながら、コカ・コーラにはどこか謎めいた部分も多い。例えば「コカ・コーラのレシピを知っているのは世界で2人だけ」という、都市伝説のような話を耳にしたことはないだろうか。

 レシピは現在、コカ・コーラ発祥の地であるジョージア州アトランタのワールド・オブ・コカ・コーラ博物館に保管されており、その成分は非公表。12年に製法を見直し、発がん性物質が含まれるカラメル色素の量を減らしたそうだが、味への影響はないとされている。

 この一件を含め、コカ・コーラの味を劇的に変えるような施策は長らく取られていないというのが共通の認識だ。なぜなら、コカ・コーラ側は過去に「カンザス計画」と呼ばれる大失敗を経験しているのである。

味の変革が裏目に出た「カンザス計画」


 1985年4月、ライバルであるペプシ・コーラの順調なシェア拡大を脅威に感じていたアメリカのコカ・コーラ社は、従来の製品に取って代わる「ニュー・コーク」を市場に投入した。

 会長だったロベルト・ゴイズエタ氏いわく、「もっとなめらかで、まろやかで、大胆な味」のニュー・コーク。ところが世間の評価は非難轟々で、変更前の味が「コカ・コーラ・クラシック」として再登場したのは、ニュー・コークの発売からわずか3カ月後だ。

 ジャーナリストのマーク・ペンダグラストが著した『コカ・コーラ帝国の興亡 100年の商魂と生き残り戦略』(古賀林幸訳/徳間書店刊)によれば、当時コカ・コーラ社の消費者ホットラインには、多いときで一日8000本ものクレーム電話が殺到したという。さらに抗議の手紙が4万通も届いたといい、同書ではその一部をピックアップしていた。

コカ・コーラ、やっぱり味や炭酸の強さが変わった?コカ・コーラさんの「爽やかな」回答のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、レシピ日本コカ・コーラ炭酸の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事