NEW

ドンキ、一激安店から国内小売業4位の座に…伊藤忠やユニーまで“手玉に取る”強かな経営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MEGAドン・キホーテの店舗(撮影=編集部)

 小売り大手ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とディスカウント大手のドンキホーテホールディングス(HD)の資本提携深化の記者会見は、10月15日午後に設定されていた。場所は、東京・中央区日本橋室町のマンダリンオリエンタル東京。

 ところが、10日14時過ぎに「日経ビジネスオンライン」が『ファミマ、ユニー全株をドンキに売却を検討』とスクープ記事を流し、大混乱に陥った。

 ユニー・ファミマHDとドンキHDは11日午前に臨時取締役会を急遽開き、資本提携の深化と株式の異動を決議。同日午後2時から東京・東池袋のサンシャイン60のユニー・ファミマHD本社の会議室をぶち抜いた部屋で会見となった。

 もともとユニー・ファミマHDの上期(18年3~8月)決算の発表が予定されており、午後2時から決算発表。その後、ドンキHDの大原孝治社長も出席して、提携の深化の発表となった。ユニーの佐古則男社長、ファミリーマートの澤田貴司社長は会見に出席しなかった。

 ユニー・ファミマHDは11月上旬からドンキHD株のTOB(株式公開買い付け)を実施。1株6600円で買い付け、総額は2119億円。ドンキHD株を最大20.17%取得し、同社の筆頭株主となり、持ち分法適用会社に組み込む予定だった。しかし、ドンキHDの株価が6600円を上回り続け、TOBは不調に終わった。それでもユニー・ファミマHDの高柳浩二社長は「常識的な時間軸で持ち分法適用会社化を進めたい」と日本経済新聞の取材に答えている。

 ユニー・ファミマHD傘下の総合スーパー(GMS)、ユニーの全株式(発行済み株式の60%)を、2019年1月にドンキHDに売却する。売却額は282億円。ドンキHDとユニー・ファミマHDは17年8月、資本・業務提携し、ドンキHDはユニーに40%出資していた。残り60%を買い入れ、完全子会社とする。TOBが不調に終わったことと関係なく、ドンキHDは12月20日、「2019年1月4日にユニー・ファミマHDが持つユニーの全株式を予定通り取得する」と発表した。

ドンキ、一激安店から国内小売業4位の座に…伊藤忠やユニーまで“手玉に取る”強かな経営のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ドンキホーテパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスユニー・ファミリーマート資本提携の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事