NEW

ゾゾ前澤社長が通う一食500万円のレストランの“価値”…日本人特有の金の使い方

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOの前澤友作社長。個人資産は5500億円以上ともいわれ、今月には個人から100名に100万円、総額1億円の“お年玉”を現金でプレゼントすると宣言して話題を呼んだ。

 その前澤社長に食事をご馳走になったというタレントの出川哲朗が、先月16日に放送されたテレビ番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出演した際、その食事代金が4人で「500万円近かった」と発言。インターネット上では都内のあるレストラン・A(仮名)ではないかと噂されている。

 Aは1日1組限定の会員制レストランで、会員数は30名程度だとみられるが、果たして4人で一食500万円もするお店とは、どのようなところなのだろうか。『東京イタリアン誘惑50店』(講談社)など多数の著書がある外食評論家で、文教大学国際学部国際観光学科教授の横川潤氏に話を聞いた。

「マグロの仲卸がAに関わっているので、確かに食材はどれも高級なものばかりですが、料理だけでひとり100万円以上というのは考えづらいですね。考えられるとすればワインでしょうか。ワインなら価格に天井はないので、料理と合わせれば100万円以上でもおかしくはありません。でも、一人100万円以上の店となると、私が知っている範囲ではほかにはありません。ひとり10万円の店なら都内にもたくさんありますけどね。

 銀座に有名な『かわむら』というステーキ屋さんがあります。カウンターのみの7席の店で、ぜんぜん予約が取れないことで有名です。そこはステーキを30分くらいかけてじっくりと焼くのですが、その間に高級食材のあわびなどのオードブルが出てきて、食事だけで10万円はいきます。それでも、ワインを入れたとしてもひとり20万円、30万円という感じです」
 
 では、海外には一人100万円以上するレストランがあるのだろうか。

「欧米には社交クラブがたくさんあります。アメリカでは、たとえば会員になるのが難しいゴルフ場やスポーツクラブが代表例で、そのレストランも社交場となりえます。でも、会費さえ払ってしまえば普段の料金は全然高くないし、そもそも一般的に社交クラブは男性ばかりで、女性とのデートに使うような習慣はありません。欧米は階級社会なので、高い食事代を払うのが偉いみたいなこともない。一番の接待は自宅に招くことで、食前酒からスタートして食事、食後酒……と延々と宴が続きます。その点、自宅に呼ばないで高級レストランで接待をすれば、体よくあしらわれたなという印象を持たれることさえあります。

 日本には近代からバブル期まで、料亭において目の玉が飛び出るような高額料理を供して接待する文化がありましたが、そういう文化は欧米にはないと思います。会員しか入れないというのは、ごく一部の特権階級が内緒話をするところであって、高額な料理を食べにいく場所ではないからです。今回の一人100万円以上というのもかなり日本的な感じがしますね。明らかに富裕層向けのレストランで、そういう特別感を売りにしているのでしょう。

ゾゾ前澤社長が通う一食500万円のレストランの“価値”…日本人特有の金の使い方のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事