NEW

安倍政権の外国人労働者受け入れ拡大、外国人犯罪急増で凶悪化&多国籍化…犯罪集団も形成

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
茨城県警察 HP」より

 追跡15年――。今年1月、茨城県警が執念で茨城大女子大学生の殺人容疑者としてフィリピン籍の33歳の男を逮捕したことに、警察庁や法務省内で評価が高まっている。その理由は、今年4月から入管法が改正され、5年間で30万人以上という大量の外国人労働者が流入する可能性が高まっているからだ。

 急激な増加とともに懸念されるのが、外国人犯罪の増加だ。そんななか、15年を経ての今回の犯人検挙に意義があるのは、犯罪の未然防止という観点から見ると、凶悪犯は何十年たっても必ず検挙するという日本の警察の強い姿勢を示したからだ。世界に向けて日本の警察捜査能力の高さを示す意味でも、重要なタイミングでの摘発といえよう。

 今年1月24日午後9時過ぎ、成田空港の一部には緊迫した空気が流れていた。空港通路に赤っぽいアノラック風のショートコートに黒っぽいマスクを付けリュックを背負った小太りのアジア人の若者、そして前後を固める日本人男性。入国審査ゲートを通過後、前後の男性らに周囲を取り囲まれた。

 このアジア人の若者こそ2004年1月、茨城大農学部の女子大学生(当時21歳)を殺害した事件の犯人のひとりで、茨城県警が国際刑事警察機構(ICPO)、通称インターポールを通じて国際手配していたフィリピン国籍の男(事件当時18歳)だ。1月24日午後10時前後、マニラからの飛行機で成田空港到着、日本入国後、殺人と強制性交致死容疑で茨城県警の捜査員に逮捕されたのだ。

 この事件では2年前、主犯格の男が逮捕され3人による犯行を自供している。主犯格の男とは、すでに一、二審で無期懲役の判決を受けているフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ被告(37)。残る1人に関しては、いまだ国外逃亡中だ。

事件発生と捜査


 筆者がこの事件を注視してきたのは、15年前の事件発生直後、週刊誌記者として約1カ月以上にわたり現地に張り付き、この事件を追ったからだ。

 事件は04年の1月31日午前9時頃、茨城大農学部(茨城県阿見町)近くの霞ヶ浦に流れ込む川の河口付近で遺体が発見され発覚。朝、犬の散歩中の近隣住人が、うつぶせ姿で水面に浮いていた全裸遺体を偶然に発見。110番通報で駆け付けた警察の調べで、遺体は前夜から行方不明の茨城大農学部2年生だったHさんと判明する。

安倍政権の外国人労働者受け入れ拡大、外国人犯罪急増で凶悪化&多国籍化…犯罪集団も形成のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、入管法外国人労働者犯罪の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合