NEW
中曽根陽子の教育最前線

中学受験「多様化」の実態とワケ…英検準1級並み、プログラミング、AIについてプレゼン

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 大学入試センター試験が2020年1月(2019年度)の実施を最後に廃止され、2020年度(21年1月)から新しい共通テスト「大学入学共通テスト」に移行する。その内容について、「それほど変わらないのでは」という憶測も飛ぶなか、中学入試の世界では、一歩先んじて変化の兆しが現れている。それが、新タイプ入試の台頭だ。そのキーワードは「多様性」。いったい中学受験の世界で何が起きているのか、リポートする。

小学校での英語教科化を受けて、中学入試でも英語入試を実施する学校が増加


 首都圏で実施された2019年の中学受験者数は、およそ5万9300人(公立一貫校受験者含める)。5年連続の増加で、小学生の5人に1人が中学受験に挑んだことになる。受験者数の増減は景気に左右されるといわれているが、ここ数年新しいトレンドが生まれつつある。それが、入試の多様化だ。

『1歩先いく中学受験 成功したいなら「失敗力」を育てなさい』(中曽根陽子/晶文社)
 これまでの私立国立中学の入試は、算国理社の4科目・算国の2科目受験が主流だったが、数年前から算数・国語1科目入試など得意科目選択型入試を実施する学校が増えてきて人気があがっている。さらにここにきて、英語選択入試や、思考力テストなどの新タイプの入試を実施する学校がでてきて、それにチャレンジする層が増加したことが受験者数を押し上げているのだ。

 まず英語選択入試について見てみよう。2019年に英語選択入試を実施した学校は125校で、受験者数は1800人〜2000人。約1000人が合格をしている。特に今年から慶應義塾湘南藤沢中等部が英語入試を実施したことで、今後ますます英語入試の実施に拍車がかかると業界関係者の間では話題になっている。ちなみに、同校の試験のレベルは英検2級から準1級程度というから(同校サイトに明記)、高校生でも太刀打ちできないレベルが求められている。

 もちろん学校によって求められるレベルはさまざまで、多くは「英検4級以上」「英検3級程度」など、そこで問われる英語力の目安を示しているのでレベルに合わせて学校選択をすることになる。共通するのはペーパーテストだけではなく、スピーキングやリスニング力も測るところがほとんどいうこと。これは、大学入試で今後「読む・書く・聞く」に加えて、「話す」を含めた4技能が試されることになるからだ。

中学受験「多様化」の実態とワケ…英検準1級並み、プログラミング、AIについてプレゼンのページです。ビジネスジャーナルは、連載、受験大学入試センター試験英語の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事