NEW

不幸な最期を遂げた3人の「令和」…今、日本人が知っておくべき歴史的人物

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新元号「令和」について談話を発表する安倍晋三首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 年号「令和」の発表に伴い、人物や地名はもちろん駅名などにも、広く「令和」探しが行われている。試みに中国の正史の類を眺めると、「令和」を字(あざな)とする3人の人物が目についた。「江謐」「趙邕」「乞伏慧」、いずれも我が国ではあまり馴染みのない人物であるように思う。そこで、少し列伝を読んでみることにした。「3人令和」の物語、しばしお付き合いのほどを。

実在した令和たちの数奇な運命

 まず、江謐(こうひつ)は南朝宋から斉にかけての官僚。字は令和。本貫は済陽郡考城県。文帝への呪詛を行ったとして廃立されようとしていた南朝宋の皇太子・劉劭の挙兵により、父・江徽を殺された江謐は、その混乱の中で我が身もまた獄につながれてしまう。武陵王劉駿が建康を平定するや解放され、官吏となった。物事に明るく経験も積んでおり、幹練才徳がその職務に適していたため、皇族の子女の葬礼のあり方をめぐる政治対立に連座して杖五十・奪労百日の罰を受けたりしながらも、順調に出世を遂げていく。

 469年、冠軍長史・長沙郡内史として出向し、湘州にて行った統治は過酷なものであったらしい。交流があり任地にも同行した僧遵道人が小事を犯したとして獄につないで餓えさせた。僧遵は自らの衣を裂いて食すというありさまで、ついには死んだという。この行為により糾弾され、江謐は都へと召喚されるが、明帝が死去すると赦免され、再び官途を登っていく。南朝宋が建平王劉景素の乱や沈攸之の乱などによって動揺する中で、のちに南朝斉の太祖となる蕭道成と結び、その建国に尽力した、しかし、482年、蕭道成が死去すると江謐は病と称して出仕せず、ついには豫章王蕭嶷に皇位簒奪をそそのかしたとして、死を賜った。

 江謐は数々の政争の中をくぐり抜け、果ては南朝斉建国の功臣となったが、最後に失敗して殺されてしまった。それは、太祖・蕭道成死後の武帝の体制との不調和によるものなのか、あるいは歴代王朝においてよく見られる功臣粛清のひとつであったのか。いずれにせよ、天寿を全うすることができなかった。

 次に、趙邕(ちょうよう)は北魏の官僚。字は令和。本貫は南陽郡の人であるという。眉目秀麗で諸事に通じていたので、少年の頃から北魏の司空であった李沖の寵を受け、李の家で諸事に奔走した。その信頼は増すばかりで、李の子どもたちとの交友を命じられたり、李沖に目通りを求める者は趙邕を頼って通じてもらったりするほどであった。

 太和年間(477~499年)には孝文帝の側近となり、次代である宣武帝即位後もこれに仕えたが、その崩御後に刺史として赴いた幽州において貪りをほしいままにしたという。特に范陽の盧氏との婚姻を無理強いしようとし、それに反対して娘を実家に匿おうとした母・陽氏の叔父を尋問のため鞭打ち、結果殺してしまったことが致命的となる。陽氏の訴えにより死罪に相当するとされ、赦しを得て死は免じられるも、失職させられた。以後は自らの名誉回復のためか役所へ訴え続けたが、ついにそれがなされることはなかったようである。

不幸な最期を遂げた3人の「令和」…今、日本人が知っておくべき歴史的人物のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事