ワタナベマホト謝罪動画のミス…スーツの正しい着方を知らないのは極めて危険という現実

 チャンネル登録者数270万超の人気ユーチューバーワタナベマホトに「文春砲」炸裂――。「文春オンライン」6月19日付記事が、ワタナベマホトが酒に酔い、自宅で同居する女性に暴行を加え、傷害容疑で逮捕されていたことを報じた。ワタナベマホトは「YouTube」で謝罪動画を公開し、記事の内容を認め活動を休止することを発表した。

 謝罪動画では、それまで氏が投稿していた動画でのラフな服装と違い、スーツ姿になっている。当記事では、スーツ着こなし指南本『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。』(CCCメディアハウス)の著者という立場から、服装を中心にワタナベマホトの謝罪を読み解いていきたい。

欠落していた重要なアイテム

 ワタナベマホトの謝罪の内容自体は問題なかったように思える。「視聴者、関係者への謝罪」「被害者とは和解となっている」「しばらく活動休止する」「相手の方の非難や無関係の方が巻き込まれないよう、批判は自分にしてほしい」と過不足ない。

 特に今回、被害者である交際女性もユーチューバーであるとされており、ネット上は特定に沸いている。よって、「相手の方の非難や無関係の方が巻き込まれないよう、批判は自分にしてほしい」は、時にまったく無関係な人間が“特定班”に誤認され、拡散、炎上してしまうことも多い、ネット時代ならではの対応だ。

 内容に問題はないのだが、だからこそ思うのは「家にネクタイはなかったのだろうか」という一点だ。ワタナベマホトの謝罪動画は「スーツにノータイ」なのだ。

 謝罪会見の服装は、「葬式」に寄せると間違いない。以前、TOKIOの元メンバー・山口達也氏が酒に酔い未成年への強制わいせつ容疑で書類送検されたとき、残り4人のメンバーが謝罪会見を行ったが、そのときの服装はとても「葬式的」だった。別に悪いことをした当人ではないのだから、そこまで重々しく謝らなくても、とは思ったが。

「葬式」を基準に見ると、ワタナベマホトの服装はスーツの色がだいぶ明るめのグレーなのも印象として損をしているが、それ以前に問題なのは「ネクタイをしていない」ことだ。家にあるネクタイがみな派手だったのか、そもそも家にネクタイがなかったのか。

 また、ワイシャツのボタンは上まで閉じている。クールビズでよくやっている人がいるように、一番上のボタンを開けたら「謝罪なのにラフに見える」という思いがあって、上までワイシャツのボタンを留めたのだろうと思う。確かにその判断は間違っていないが、上までボタンを留めたワイシャツはリクルートスーツの女子学生のようであり、そもそもネクタイをするのが正解だったのだ。

 誰だって、謝罪するときは「つつがなく」済ませたいはずだ。「つつがなく」するためには、余計なノイズを入れないことが大切だ。以前の記事で、NGT48の運営会社であるAKS・松村匠氏の会見時の問題点について指摘したことがある。山口真帆に対する暴行事件を受けての謝罪会見だったが、松村氏のいかつい腕時計が目立っていた。「いかつい腕時計をしている(トゥーマッチ)」も「ネクタイがない(必要なものがない)」は、どちらもノイズになる。「葬式」にいかつい腕時計をしないし、ネクタイを締めずに葬式に行けば、まわりはギョッとするはずだ。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

スキル・キャリア

ビジネス

総合

SNS