セブンイレブン惣菜、コスパ悪すぎ&味も最悪の“買ってはいけない”商品5選

 仕事終わりの遅い時間であってもコンビニエンスストアがあれば調理の手間などもなく、安定したクオリティーの料理が食べられる時代。コンビニは多くの現代人の味方となっているといえるだろう。

 2018年12月から19年3月にかけて、コンビニ8社のFC加盟店オーナー約3万人を対象に行った経済産業省のアンケート調査。こちらは約3万人のうち1万1000人超から回答を得られたそうだが、オーナーの約6割が「従業員が不足している」と回答し、スタッフ確保に苦心していることが伺えた。また、FC加盟に満足しているかとの質問には、「大変満足」「おおむね満足」が5割程度で、14年度の前回調査の約7割から大幅に減っていることも印象的である。

 自由回答では「営業時間に裁量が欲しい」との声が多く、セブン-イレブン・ジャパンでは3月21日から順次、全国の直営10店で営業時間を短縮する実験を始めたことは、多くのメディアが報道していた。

 コンビニ業界は過渡期なのかもしれないが、24時間営業のコンビニ飯が生活の一部に組み込まれている方も少なくはないだろう。特に日本国内だけで2万700店舗(2018年12月末時点)の店舗数を誇り、業界最大手であるセブン-イレブンのお弁当、ホットスナック、レトルト食品などは、美味しいと評判になることが多い。

 だがしかし、なかには「買わなければよかった」と思ってしまう商品が混ざっているのも事実。そこで今回は、味の好みは人それぞれという大前提を踏まえたうえで、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が独断で選んだ「買ってはいけないセブン-イレブンの商品5選」を紹介していこう。

ロースカツカレー/540円(税込、以下同)

 ロースカツカレーという言葉自体は空腹の胃袋を刺激する魅力的な響きだが、残念ながらセブンのロースカツカレーはあまりおすすめできない。ズバリ、上に乗っているカツがいただけないのだ。

 この商品は、下段のご飯とは区分けされて、カレールーとそのルーに浸ったカツがパッキングされている。問題はカレールーの水分を吸ったカツの衣が、しっとりしすぎていてサクサクとは程遠いうえに、衣に包まれた中の肉も残念なことにパサパサだという声が多いことだ。

 カレールーはカツにあわせて、ソースの風味を強めに出しているといった印象だが(別添えでウスターソースも付いてくる)、これについては好みが分かれるところだろう。

 もしかすると、コンビニ弁当で美味しいカツカレーを出すということ自体、なかなか難しいのかもしれない。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

ヘルス・ライフ

ビジネス

総合

SNS