篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシック、オペラ劇場を悩ます“火災の呪い”…想像を絶する厳重な防火設備

イタリア・フェニーチェ劇場(「Getty Images」より)

 一般的に日本の家では玄関ドアは家の中から引いて閉めますが、欧米では反対に押して閉めます。つまり、欧米は“内開き”です。外部から犯罪者が入ってきそうになった際に、全体重をかけて中からドアを閉めるためだそうです。一方、明治維新後に欧米から玄関ドアが入ってきた日本では、玄関は単なる出入りの場所ではなく、靴を脱いだり、挨拶をし合ったりする場所ということもあり、少しでもスペースを確保するために外開きになったといわれています。

 そんな犯罪者から身を守るための欧米の内開きドアが、大きな悲劇を生んだことがあります。大作曲家ヨハネス・ブラームスが『ピアノ協奏曲第二番』を作曲した1881年に、ブラームスが居住していたウィーンのリング劇場というオペラ劇場で惨事は起きました。フランス・パリのオペラ・コミック座で初演されて話題になっていたオッフェンバックのオペラ『ホフマン物語』のウィーン公演の開演前の出来事です。

 今か今かと開演を待っていた観客が見たものは、序曲の始まりではなく、舞台から上がる煙でした。火災が発生したのです。しかも、悪いことは重なり、客席も明かりが消えてしまい、パニックを起こした観客たちが殺到した西洋風の内開きのドアが、集団に押されて開かなくなってしまったのです。その結果、劇場という完全な閉鎖空間の中で400名以上の人々が煙に巻かれて死んでしまったのです。

 この『ホフマン物語』は火災に祟られていたのか1887年には、初演を行ったオペラ・コミック座の火災により、楽譜を焼失する憂き目にも遭ってしまいます。ところが、これには後日談があり、2004年に、パリ市内にある別の劇場のパリ・オペラ座の倉庫で奇跡的に発見されたのです。なぜ燃えずにそんなところから見つかったのかはわかりませんが、当時の劇場の誰かが燃え盛る炎の中、大事な楽譜を抱えて持ち出してくれたのかもしれません。そのおかげで現在は、この名作オペラの完璧な上演を鑑賞することができます。

劇場は火災が起きやすい

 実は、劇場というのは火災が起こりやすい場所です。たとえば、イタリアのトリノ王立歌劇場は1936年に焼失。それから40年近く後に再建されるまでは、トリノ市民は最大の喜びを失っていました。また、モーツァルトが上演を聴きにいったこともあるナポリのサン・カルロ劇場も、1816年に焼失しています。このように、火災に遭った劇場はヨーロッパに点在していますが、素晴らしいのは、その後、何年かかっても見事に再建され、今も人々を楽しませているということです。

 劇場が火事になる原因はさまざまですが、特に舞台で出火することが多いようです。19世紀後半にエジソンが白熱電球を商品化するまでは、舞台照明といえばロウソクかガス灯でした。スプリンクラーもない時代なので、火が舞台セットに燃え移れば、あっという間に煙が上がり、閉鎖空間である劇場全体が炉のようになって燃え広がってしまいます。その後、電気による照明が主流になりましたが、当時の稚拙な電気系統から起こる漏電が、劇場を燃やしてしまうことも多かったのです。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

RANKING

連載

ビジネス

総合

SNS