NEW

元巨人ドラ1投手が“実質経営”の東郷証券、金商法違反で一斉逮捕…FX取引のパイオニア

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 東郷証券が外国為替証拠金(FX)取引で生じた顧客の損失を穴埋めしたとして東京地検特捜部は6月20日、金融商品取引法違反容疑で実質経営者の林泰宏容疑者ら4人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、東郷証券代表取締役の宇佐美麻己、同社顧問の上村昌也、大阪の商品先物会社「さくらインベスト」社長の宮井智浩の3容疑者。

 逮捕容疑は、林容疑者らは2016年7月~19年1月、FXで損失が生じた顧客8人に対し、現金計約6200万円を提供したほか、さくらインベストに口座を開設させたうえで、差金決済取引(CFD)の利益に偽装して計700万円を支払うなどして損失を補填した疑い。

 損失補填を受けた顧客は少なくとも10人以上おり、補填総額は億単位に上る見通し。顧客とのトラブル回避や取引継続のために補填したとみられ、補填原資はシステム会社への架空の外部委託費から捻出したという。

 金商法は証券会社が顧客の損失を穴埋めすることを禁じており、違反すれば3年以下の懲役か300万円以下の罰金、またはその両方が科せられる。

「巨人出身の経営者」として話題になった林容疑者

 林泰宏容疑者は、プロ野球選手から金融業界に転身した異色な経歴の持ち主だ。熊本県出身で兵庫県尼崎市立尼崎高校に在学中、140キロ台の速球を投げることで注目され、1979年のドラフト会議で高校生ながら読売ジャイアンツ(巨人)から1位指名された。しかし、コントロールが悪く、一軍では登板機会のないまま近鉄バファローズ(現大阪近鉄バファローズ)、横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。肩の故障もあり、85年のシーズンを最後に球界を去った。

 巨人時代に元アイドルの黒木真由美と結婚したが離婚。タレントの黒木マリは2人の間に生まれた娘だ。

元巨人ドラ1投手が“実質経営”の東郷証券、金商法違反で一斉逮捕…FX取引のパイオニアのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事