NEW

「カルディ」が多くの熱狂的な女性ファンを擁する理由…海外&国内各地の特産品も豊富

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「カルディ」が多くの熱狂的な女性ファンを擁する理由…海外&国内各地の特産品も豊富の画像1
カルディコーヒーファームの店舗(「Wikipedia」より)

 女性を中心に熱狂的なファンを擁する「カルディコーヒーファーム」。店頭で店員が「コーヒーを 飲みながらゆっくり店内をご覧ください」などと声をかけながら、試飲用のコーヒーを配っている姿を見かけた人も多いだろう。一方で、カルディの存在は知っていても、店内に踏み込んだことがなく、どういった店なのかを詳しく知らない人も少なくないのではないか。

 カルディとは、どのような店なのか。なぜ人気があるのか――。

 カルディは、コーヒー豆や輸入食品を扱う小売店だ。運営会社のキャメル珈琲は、主力のカルディを運営するほか、コーヒー豆などの卸売りや飲食店の運営などを行っている。同社の業績は好調で、2018年8月期の売上高は前期比6%増の945億円だった。売上高は右肩上がりで増えており、 近年は年に5~8%程度の高い伸び率を示している。

 同社の業績を牽引しているのがカルディだ。1986年に京王電鉄と東京急行電鉄が乗り入れる下高井戸駅の近くに1号店がオープン。2010年に国内200店を達成し、その後、急速に店舗数を増やしてきた。12年には300店に達し、17年に400店となった。18年8月時点では421店となっている。このようにカルディは大きく成長し、それに合わせてキャメル珈琲の業績も伸びていった。

 カルディのメイン商材は、屋号に「コーヒー」とあることからもわかるように「コーヒー豆」だ。約30種類のコーヒー豆を扱っており、品ぞろえは豊富だ。

 なお、「カルディ」の名前の由来は「エチオピアのヤギ飼いが飼っていたヤギがコーヒー豆を食べて興奮状態になったのを見て、自身も同じようにコーヒー豆を食べてみたところ、元気が出た」という伝説があり、そのヤギ飼いの名前が「カルディ」だったことからきている。カルディの手提げ袋や店舗の外装にヤギが描かれているのはこのためだ。

コーヒー豆を売るための施策

 カルディではコーヒー豆がメイン商材となっているとはいえ、コーヒー豆自体は差別化されたものではない。オリジナルのブレンドコーヒー豆も販売してはいるが、特別なコーヒー豆を売っているわけではないのだ。

 また、コーヒー豆は価格帯が特別低いわけでもない。200グラムで500~800円程度のものが中心で、高級スーパー「成城石井」やカフェチェーン「スターバックスコーヒー」などよりは安いが、一般的なスーパーと比べると高い。カルディのコーヒー豆は低価格とは言えず、価格競争力が高いわけでもない。

「カルディ」が多くの熱狂的な女性ファンを擁する理由…海外&国内各地の特産品も豊富のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事