NEW

住友銀行とイトマン事件、魑魅魍魎の暗黒史

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『海峡に立つ 泥と血の我が半生』(許永中/小学館)

 8月に『海峡に立つ 泥と血の我が半生』(許永中/小学館)が出版された。

 第七章「在日の本懐」で許は、絵画ビジネスについてこう書いている。

<当時、三菱商事が絵画を担保とする金融業を始めていた。天下の三菱が美術品を担保に金融をやっているのだ。河村さん率いるイトマンがこの道に金脈を見たのは必然とも言えた>

<ソウルで飲み歩いていたのが、イトマン社長だった河村良彦さんだ。1991年に起きたイトマン事件では、河村さんはあろうことか、私(許永中)を大阪地検に告訴する側に回る。法廷の場では、私の顔を見ることすらできなかった>

 河村との邂逅は<イトマンに経営参加していた協和綜合開発研究所所長の伊藤寿永光からの連絡>だった。

<私と伊藤とは87年の雅叙園観光ホテル買収事案ですでに出会っていた。(略)伊藤から連絡を受けて、夜中10時頃、ホテル(オークラ)の部屋を訪ねた>

 そこでイトマンの系列繊維商社で東証2部上場の「立川」株式をめぐってイトマンとアイチの森下が攻防を繰り広げていた。

<(アイチと河村との間で、筆頭株主の座を争う闘いが続いていたが)その裏で伊藤と森下が手を組み、新たに取得した立川株の一部をアイチに売り渡す密約を結んでいたという――。伊藤と森下は、その一部の10億円を謝礼とし河村さんに渡したという。これはもちろん裏金となり、業務上横領となる。河村さんが金を受け取ったのは、自社株を自分で買いたがったからだ。これにより(河村は)森下と伊藤から決定的な弱みを握られてしまった>

<「それは具合が悪い。わかりました」。私はそういって翌日、10億円の現金を持参して森下のところにはせ参じた。金は渡すからこれはもうない話やで。そういって10億円を渡し、領収書ももらって翌日河村さんに渡した>

 これで河村は許の足元にひざまずくことになった、と私は見ている。

<ある日、イトマンの専務がこんな話を持ってきた。「弊社が持っているロートレック・コレクションを買ってもらえませんか」>

 事実はこうである。以下、拙著『住友銀行暗黒史』(さくら舎、2017年2月刊)を引用する。

 河村にかかってきた一本の電話。当初、河村は磯田(一郎住友銀行会長)の愛娘、園子の「たっての頼みをかなえるため」に絵画取引に手を染めた。

「河村さん、先般は何かとご配慮をいただきましてありがとうございました。さっそくですが、実はピサが買い付けを予定しているロートレック・コレクションの絵画類があるんです。イトマンさんで買っていただけませんでしょうか。あるいはどなたか適当な買い手を探していただけませんか…」

住友銀行とイトマン事件、魑魅魍魎の暗黒史のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事