NEW

関西大学、織田信成へモラハラ疑惑…大学が退任理由“虚偽説明”か、織田側が不快感を表明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】関西大学、織田信成へモラハラ疑惑…大学が退任理由虚偽説明か、織田側が不快感を表明の画像1
織田信成氏(坂本 清/アフロ)

 プロスケーターの織田信成氏が29日、ブログで自身が所属していた関西大学アイススケート部で大学側から嫌がらせやモラハラを受けていたと告発した。織田氏は9月9日付で関大アイススケート部の監督を退任していたが、関大側はその理由を「多忙」と発表。だが、織田氏は同ブログで、「リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」と完全否定した。

 デイリースポーツなどの報道によると関大は9日、織田氏のアイススケート部の監督退任を発表した際、「(多忙で)監督としての時間が十分に取れない」と申し出があったと説明。大学側が織田氏を慰留したとも主張していたという。

「嫌がらせとモラハラ」で監督退任

 織田氏は29日に日本語、30日に英語でブログを更新し、この報道を完全否定した。織田氏はブログで退任の理由を次のように語った。

「多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、また関西大学との話し合いの場で『多忙で監督として十分な時間が取れない』とは一言も話していません。

 辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3カ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです。

 今回の件で、7月に弁護士の方もふまえて関西大学と話し合いを行いました。

 関西大学が調べて報告をあげるという事で結論に至り、そこから2カ月待ちましたが、誰がどのように調べているのかわからず、また結果報告もありませんでした。

 報告を待っている間も指導を待っている生徒がいるので、なんとかリンクに戻れる環境にしてくれないかお願いしましたが、実施されないまま、このままでは何も変わらないだろうと半ば諦めた気持ちで、監督の職を辞する決意を致しました。

 他の仕事への影響もあり、体調が優れないまま監督を続ける事は私にとって厳しいものでした。

関西大学、織田信成へモラハラ疑惑…大学が退任理由“虚偽説明”か、織田側が不快感を表明のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事