NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

ググッた時にNAVERまとめ、ヤフー知恵袋など“邪魔になる”サイトを表示させない方法

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ググッた時にNAVERまとめ、ヤフー知恵袋など邪魔になるサイトを表示させない方法の画像1
「gettyimages」より

 グーグル検索でしょうもないサイトばかりが表示され、イラッとしたことのある人は少なくないだろう。マイナスの演算子で特定のキーワードを除外する「マイナス検索」もできるが、都度行うのは面倒だ。

 そんな人に向け、通常のグーグル検索からさまざまな「ノイズ」サイト群を除外して表示する検索エンジンがある。提供開始から3年がたつ「ノイズレスサーチ」だ。ユーザーからの反響や検索環境の変化について、ノイズレスサーチ開発者のパソ活氏にうかがう。

検索結果で“イラッと”くるサイトを除外

――ノイズレスサーチはどういった仕組みなのでしょうか。

パソ活氏(以下、パソ活) 通常のグーグル検索から「一般の人が投稿しているため、情報の正確さが保証できないサイト(ヤフー知恵袋、クックパッド、SNS等)」「検索結果が同じ情報ばかり出るサイト群(NAVERまとめ、5chのまとめサイト等)」を除外した検索結果を表示します。

――ググッて検索上位に出て、イラッとくるおなじみのサイトですね。

パソ活 また、ある商品について「実際に使った人のレビューサイト」を見たいのに、アマゾンや価格コムなどといったECサイトが上位に表示されて邪魔になることも多いので、これらも除外しています。除外サイトは合計約5000個です。

――今挙げていただいたサイトは「大手」といえますが、有名人の名前で検索すると「(有名人の名前)の彼女は? 結婚は? 年収は?」とタイトルで釣って、中を見ても結論は「現時点はわからなかったのですが実際はどうなんでしょうね?」というような、しょうもないサイトも多いですよね。こういったサイトは末尾に「いかがでしたか?」という文言をよく使うので、「いかがでしたかサイト」と揶揄されてもいます。

 これら「いかがでしたかサイト」を除外するのは数が多くて手間だと思うのですが、ノイズレスサーチではどうしているのでしょうか?

パソ活 これらはユーザーから報告されたキーワードで実際に検索して、影響力が大きそうなサイトだけを除外しています。

――除外したことで利用者から好評だったサイトを3つ挙げるとしたら、何になるでしょうか?

パソ活 NAVERまとめ、キュレーションサイト、ヤフー知恵袋ですね。ドメインパワーが強すぎて上位に表示されまくるわりに、実際に「知りたい」検索キーワードに対して提供される情報が薄っぺらいという点で、非常に邪魔だと感じている人が多かったです。

――その3つがなくなるだけで、検索のストレスはかなり減りますね。

グーグル検索結果の特徴とは

――ノイズレスサーチはグーグル検索から上記のようなサイトを除外する検索サービスですが、グーグル検索にはどういった特徴があると感じますか?

パソ活 グーグルの検索結果は、おおむねこのような順番で並んでいます。

a まとも 関連性が高いサイト
b ノイズ 関連性が高いサイト
c まとも 関連性が低いサイト
d ノイズ 関連性が低いサイト

 この「まとも/ノイズ」と「関連性が高い/低い」の例として、「俳優の田中圭さんについて知りたい」場合で考えてみると、検索結果の表示例は以下のような感じになります。

a 例:オリコンやヤフーニュースなどによる「田中圭さんインタビュー」

b 例:「田中圭の年収は? 結婚は?」系の「いかがでしたかサイト」

c 例:ヤフーテレビなどのテレビ欄で田中圭が出ている番組が検索されるケース

d 例:上記「いかがでしたかサイト」で田中圭についてほとんど書いていないのに、ハッシュタグなどで「#田中圭」とつけられているケース

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg

ググッた時にNAVERまとめ、ヤフー知恵袋など“邪魔になる”サイトを表示させない方法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事