NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件の画像1
ルノー「メガーヌR.S.トロフィ」

 ルノーメガーヌR.S.トロフィ」の日本導入が始まった。「7分40秒1」という、ニュルブルクリンクでのFF最速記録を樹立したばかりのスーパーマシンが、日本市場に本格投入されることになったのである。

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件の画像2

 とはいうものの、「メガーヌR.S.トロフィ」の存在をそれほど意識していなかった人も多かろうと思う。そもそも、「R.S.」がルノー・スポール(ルノーのモータースポーツ部門)製作であることの認知度も低い。さかのぼって、ルノーにスポーツイメージを抱いている人も少ない。フランス車を好むユーザーの間ではもちろん、その名は高く知られ、憧れの対象として認知されている「メガーヌR.S.」だが、世間的には浸透していなかったのだから、ましてや「メガーヌR.S.トロフィ」が「メガーヌR.S.」の戦闘力を高めたマシンであることも、多くの人は理解しづらいに違いない。

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件の画像3

 だが、そんな一般的には無名のマシンが、限定発売ではなく、れっきとしたカタログモデルとして正規導入されるというのだから、正規輸入元のルノー・ジャポンの戦略に疑問が芽生えるのも道理だ。はたして売れるのだろうか――。

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件の画像4

 だが、ルノー・ジャポンには勝算があるという。

「実は、ルノー・スポールの名は浸透し始めています」

 マーケティング担当者は、そう自信をのぞかせた。というのは、長年のF1参戦により、ルノーのスポーツイメージが高まっているという。さらに、最近の活躍も後押ししていると感じているというのだ。

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件の画像5

 実際に、ルノー・スポールの認知度が、本国フランスがトップなのは当然としても、日本でも走りの国・ドイツに次いで高いという。フランス隣国のスイスよりも認知されているというのだから驚きである。

 スイスには、マッターホルンをはじめとする高峰が少なくない。走り好きを刺激するワインディングが溢れているのだ。そんな「メガーヌ」がいきいきとするステージを抱えるスイスよりも、日本の知名度が高い。そこに勝算があるのだ。「メガーヌR.S.トロフィ」をカタログモデルとして本格導入するのは暴挙でもギャンブルでもなく、確かなデータに裏づけられた戦略なのである。

ホンダ「シビック・タイプR」を破ったルノー「メガーヌ」が日本上陸…業界の今年最大の事件のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事