NEW
企業・業界

関西電力が人選して多額報酬を払う第三者委員会が、金品受領問題を調査する“茶番劇”

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関電第三者委員会の但木敬一委員長

 関西電力役員らが福井県高浜町の森山栄治元助役(18年3月に90歳で死去)から多額の金品を受けていた問題について、調査中の第三者委員会(委員長・但木敬一氏)の経過会見が昨年12月15日にあった。元検事総長の但木氏は「多くがすでに亡くなっており解明が難しい」としながら、「100人以上の聴取を終え、関係会社等600人の書面調査も行った」「グループ会社の社員も含めて、情報収集するホットラインを設置。消去された役員のパソコン内容やメールも復元させる作業も進めている」とした。

田中角栄にも似る森山手法

 先立つ12月13日、市民団体「関電の原発マネー不正還流を告発する会」が、会が募った3272人が告発人になった告発状を大阪地検特捜部に提出した。役員ら12人に対する告発容疑の柱は以下だ。

(1)会社法の特別背任罪

 八木誠元会長、岩根茂樹元社長ら4人は、森山氏が顧問だった町内の吉田開発に正当な発注額を超える金額で業務発注し会社に損害を与えた。

(2)会社法上の収賄罪

 吉田開発などに業務を発注する便宜供与のために、森山氏が贈った金品を関電役員らが受け取った。

 提出後に会見した告発代理人の河合弘之弁護士(脱原発弁護団全国連絡会共同代表)は「1000人が目標だったが3倍も集まった。自分たちが払った電気代がそんな汚いことに使われたのかという市民の怒りです。第三者委員会に捜査権限はない。強制権限のある検察しか解明はできない」と話した。

 関西電力の八木誠会長と岩根茂樹社長(ともに辞任)は10月2日の会見で、森山氏の強面の人物像を強調し、恐れて返せなかったことを再三訴えていた。

「『わしの志であるギフト券をなぜ返却するのか。無礼者、わしを軽く見るな』と言われた」

「『トラックで家に突っ込むぞ』と言われた」

「(返そうとした社員を)激しく罵倒、叱責され家族も含めて身の危険を感じることもあった」

 この発言を聞いていて思い出される人物が、1970年代の総理大臣、田中角栄だ。彼は「こいつは使える」と目を付けた相手には最初、意味もなく金品を渡した。もらう理由が何もない相手が固辞すると「まあ、いいから取っておけ。いつか役に立つ」などと押し付ける。仕方なく受け取っていると、あとにじわりじわりとさまざまなことを要求され雁字搦めに陥るのだ。

関連記事