海外逃亡ゴーンは日産を荒廃させた戦犯だった…天文学的金額を日産から収奪し私的支出の画像1
ゴーン被告が無断出国 トルコで7人拘束(写真:Abaca/アフロ)

 元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告が国外に逃亡した。拙著『日産独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜』(2019年3月刊、さくら舎)の帯の宣伝文句は「ゴーンの正体は強欲な独裁者!前々からゴーン経営を否定していた著者が緊急書き下ろし!」だった。本書から今回の逃亡劇の芽を抽出してみた(以下、同書からの引用)。

日産の救世主と崇め奉られたゴーン

 日産の救世主として登場したカルロス・ゴーンは絶対的な権力者となり、会社を私物化。ほしいままに収奪した。ゴーンも人事権と予算権を握り、独裁者として君臨した。(中略)日産がグローバル化した結果、ゴーンの権力は海外にまで及んだ。ゴーンの行状で際立っているのは、報酬などを巡る疑惑がベルサイユ宮殿での自らの結婚披露宴会費用の流用などを除き、ルノーでは起きず、当初は、日産だけに限られていることだ。ゴーンは日本人を舐め切っていたのか(その後、ルノーでも疑惑の解明が少しずつ進んでいる)。

 イタリアの思想家マキァベリは「人間は本来、邪悪のもの」として、人間を支配するために、君主はどうあるべきかを説いた。ゴーンはマキァベリストとして、権謀術数を弄して権力を掌握した。だが、ゴーンが失脚した原因もマキァベリは『ローマ史論』で見通していた。「陰謀を防ごうと思ったら、かつてひどい目にあわせた人間よりも、むしろ目をかけた人間を警戒せよ。そうした人間のほうが陰謀の機会が多いのである」。朝日新聞(2018年12月16日付朝刊)の「朝日歌壇」に次の歌が載った。「才(さい)長けたフェニキア人(びと)の末裔(まつえい)は小菅(こすげ)の空に何を思うか」。選者は「その人のゆかりの地レバノンにフェニキアの都市があった」と講評した。

 日産自動車の救世主と崇め奉られたカルロス・ゴーンは、2018年11月19日、逮捕された。水に落ちた犬は叩けの諺通り、悪逆非道の銭ゲバぶりが次々と暴かれていく。その原点は幼児期の赤貧洗うがごとき生活にあった。正式の名前はカルロス・ゴーン・ビシャラ。「祖父は20世紀初めに13歳でレバノンを後にし、ブラジルに渡った。(中略)祖父はリオで少し働くと、アマゾン川流域にチャンスを求めて移った。ボリビアとの国境にあり、ブラジル領にまだなっていなかったグアポレ、今のロンドニア州ポルトベーリョという未開拓地だった。そこはゴムが採れた。祖父は輸送業を手掛けた。数年後、ゴーンの父親のジョージ・ゴーンが生まれた。父は適齢期になると、レバノンに渡った。ナイジェリアで生まれ、レバノンで高等教育を受けたローズと出会い、結婚した。父が祖父の会社を引き継ぐ。ゴーンは、ポルトベーリョで1954年3月9日、ジョージの長男として生まれた。(中略)話し合った結果、母と姉、私はレバノンに移り、仕事のある父はブラジルに残ることになった。アマゾンの密林の未開拓地で育ったゴーン。その貧しさの経験が、あくなき上昇欲、金銭欲、権力欲に向かわせたのかもしれない。

ゴーンの幼児期は赤貧洗うがごとくだった

 ゴーンは6歳の時にレバノンに移住する。ゴーンの人生で、母親と暮らしたレバノン時代が一番ハッピーだったようだ。あの傲慢なゴーンが母親に向ける視線は優しい。レバノンは1975年の内戦までは「中東のスイス」と言われ、平和だった。母はそんなレバノンが大好きだった。イエズス会系で高校までの一貫校のコレージュ・ノートルダムに通った。成績は良かった。17歳になると、進路の選択が待ち受けていた。レバノンで高等教育を受けてもよかったが、母はフランスの大学を薦めた。母は美しいフランス語を操り、フランス人以上にフランスびいきだった。母の影響でパリの大学に進学したことが、ゴーンの人生を決めた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ