NEW
連載
中山真由美「お片付けで人生を素敵に」

年賀状、そのまま可燃ゴミはNG?百均グッズで楽々管理?面倒な保管&処分問題の解消術

文=中山真由美/整理収納アドバイザー、RittaStanza CEO
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近では、SNSの普及で年賀状を書かない方も多くなりました。しかし、まだまだ年賀状文化がなくなるというわけではありません。新年に届く年賀状を心待ちにしてポストをのぞき込むことが楽しかったり、遠く離れた友人のかわいい子供の写真が、私たちの心を和ませてくれたりします。

 さて、過去の年賀状を何十年と持ち続けているご家庭も多いのではないでしょうか?

 年賀状は、過去の思い出としての位置づけもありますが、常に見返すモノではありません。

 そんな年賀状の保管方法、手放す時期、手放し方についてご紹介していきたいと思います。

年賀状、そのまま可燃ゴミはNG?百均グッズで楽々管理?面倒な保管&処分問題の解消術の画像1

年賀状はこうやって保管する

 年賀状は紙のまま保管する場合と、データで保管する場合があります。紙で保管するメリットは、すぐに見返すことができることや、保管場所を決めておけば、なくしにくいということがあります。デメリットとしては保管場所が必要になることです。

 データで保管する場合のメリットは何より場所を取らないこと。年賀状用のハードディスクなどを決めておけば、多くのデータを一括に保管することができます。また、最近のスキャナには住所読み取り機能がついていることもあるので、次年の年賀状作成の際の宛名印刷などが楽になることもあります。デメリットとしては、コンパクトな分、どこにしまったか忘れてしまいやすいということです。ご自身の保管しやすい方法で保管されることをお勧めします。

・年賀状を紙のまま保管する場合

 どこのご家庭でも実施されていることと思いますが、ハガキ用のフォルダにて保管します。100円ショップやホームセンターなどで、ハガキ用のフォルダを手に入れることができます。オススメの商品は、無印良品の「ポリプロピレンフォト・ハガキホルダー」です。一枚ずつ入れることができるのに、とても薄くて省スペースで保管することができます。

年賀状、そのまま可燃ゴミはNG?百均グッズで楽々管理?面倒な保管&処分問題の解消術の画像2

 ポイントは年ごとにまとめて、背表紙に西暦を書いてファイリングしてください。少ない枚数用から多くの枚数用までさまざまなファイルがあると思いますが、できるだけ一つのファイルにまとめられるように多めの枚数のものを購入されることをお勧めします。

年賀状、そのまま可燃ゴミはNG?百均グッズで楽々管理?面倒な保管&処分問題の解消術の画像3

関連記事