NEW
連載
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

今年こそ貯金したい人がすべき行動…リボ払い解約・格安スマホ・給料の15%強制貯金

文=中村芳子/アルファアンドアソシエイツ代表、ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

「できるだけたくさん貯める」という目標がよくない理由

 新しい年を迎えて「今年こそ!」と何か目標を立てた方も多いだろう。特にお金の目標を立てることは、企業の予算づくりと同じで、とても大事だ。うまくやれば今年のあなたの人生は、正しい方向に向かって進んでいく。お金の目標を立てないのは、海の上を風に任せて漂う船に乗っているのと同じ。気楽だけど不安は消えない。どこにもたどりつけなかったり、行きたくないところに漂着したりする。

 貯めたい人は、「できるだけたくさん貯める!」という目標を立てがちだが、これでは「やったあ、目標達成できた!」「あと3万円で達成だ!」「半分まできたぞ」というふうに、具体的に評価することができない。「1年で5000円貯めた。上出来!」と開き直ることもできる。一方で100万円貯めても200万円貯めても満足できない人や、達成感が得られない人もいる。

 そこで今回は、今年のお金の目的地の決め方と、実行のプランニング方法をお教えしよう。

いくら貯めたらいい? 手取り年収の10~20%

『50代のいま、やっておくべきお金のこと 新版』(中村芳子/ダイヤモンド社)

 お金の目標というと「貯金の額」と思う人は多い。しかし、貯金は多ければいい、というものじゃない。手取り年300万円の人が、食べたいものも、行きたいところも、買いたいものも我慢して年100万円貯めたとする。確かにすごい。でも、そのために友達が減り、話題がなくなり、病気になるかもしれない。もし、病気や事故で死んでしまったら、「もっと人生楽しんでおけばよかった」と思うに違いない。

 お金は将来のために「貯める」も大事だけど、今の人生を充実させるために「活かして使う」も大切。このバランスをうまくとるのが、マネープランのポイントだ。

 じゃあ、いったいいくら貯めたらいいか。

 答えは手取り年収の10~20%だ。普通の会社員が結婚し、家を買い、子どもを2人育てて老後に備える。これを全部実現するには、収入の15%を現役の間じゅう貯め続ければいい。根拠となる計算は企業秘密だが、シンプルでリーズナブルな数字を使っているので、ご自分で試算してみてほしい。たとえば、こちらのFP協会のライフプラン表(キャッシュフロー表)をダウンロードして計算してみるといい。

 人生では家族が増えたり減ったり、収入が減ったり増えたり、仕事を休んだり臨時収入が入ったりいろいろなことがある。ゆとりがあるときは多めに20%、厳しいときは10%、平均で15%をめざす。毎月の給料が25万円、ボーナスが年80万円の人なら、毎月3.75万円、ボーナスから12万円の年57万円が貯金の目安。これで年収380万円の15%になる。

 では、自分の収入から今年の貯金目標額をつくってみよう。

関連記事