NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

素人でも月3万円積み立てで、自動的に20年後に1200万円貯まる方法?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

2018年 投資を始める最大のチャンスが来た!


「投資したいけど、まだ始めてない」「ちょっと投資してみたけど、やめちゃった」という人が、FP相談にこられるお客さんにも友人にもたくさんいる。もしかしたら、あなたもそのひとり?

 投資の儲けに税金がかからない、というNISA口座。4年前の2014年1月にスタートしたが、「口座はつくったけど何も買っていない」という人がたくさんいる。そんな人に朗報。まったくの投資初心者のあなたも、安心して始められる制度が始まった。それが、つみたてNISAだ。

つみたてNISAの魅力


『20代のいま、やっておくべきお金のこと』(中村芳子/ダイヤモンド社)
 つみたてNISAの魅力はたくさんある。一番強調されるのは「20年間利益に非課税」という点だけど、それだけじゃない。

(1)積み立てで投資信託を買っていくという、理想の投資法ができる。
(2)選べる投資信託は、長期の投資でパフォーマンスが高くなりやすいインデックスファンドが主流。
(3)インデックスファンドだから手数料が安い。
(4)買える投資信託の種類が多くないから、初心者でも選びやすい。
(5)投資先の違う投資信託をいくつか組み合わせて、リスクに強いポートフォリオをつくれる。
(6)最長20年という長期の運用期間が設定されているから、気長に資産づくりとして取り組める。
(7)iDeCo(個人型確定拠出年金)などと違い、途中でのプラン変更や引き出しが自由なので、気軽に始められる。

 以下、順に説明していこう。

 私は以前から、「投資は、インデックス型の投資信託を積み立てで買っていこう」と勧めてきた。2004年出版の拙著『20代のいま、やっておくべきお金のこと』(ダイヤモンド社)でも、「投資は、日本株のインデックスファンドを毎月1万円ずつ買うことから始めよう。慣れたら、ファンドの種類を増やしていこう」と提案している。14年に同書の新版が出版されたが、同じことを書いた。投資の基本は変わらないのです。

 この利点は「ドルコスト平均法」というシンプルで効果的な投資手法が自動的に働くということ。値動きのある投資商品を、毎月同じ金額、1万円とか3万円ずつ買っていくと、値段が高い時には少なく、値段が安い時には多く買うことになるので、平均購入単価を安く抑えることになる。その結果、損をするリスクが小さくなり、安定した利益を期待しやすくなるのです。

 前々回のコラムで紹介した通り、過去10年間(07~17年)、インデックスファンドの投資信託で積み立てていたら、インデックスの種類によって5%から12%で運用できた計算になる。月3万円をインデックスファンドで積み立てていたら、元本360万円が464万円〜699万円になっていたことになる。

素人でも月3万円積み立てで、自動的に20年後に1200万円貯まる方法?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、つみたてNISA手数料投資信託の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事