公立学校一斉休校、共働き親が憤慨…中国人の渡航禁止はせず、安倍政権に退陣論強まるの画像1
写真:日刊現代/アフロ

 新型コロナウイルス感染の広がりを受け、安倍晋三首相は27日、同感染症対策本部会合で、感染拡大防止の目的で週明けの2日から春休みが明けるまで、全国の小中高校と特別支援学校に対し臨時休校の措置を取るよう要請すると表明した。

 急な決定に学校現場や子どもを持つ家庭は混乱しているようだ。現役の小学校教員は語る。

「さっきニュースで知りました。いきなり週明けから休校と言われても、残された明日一日で何をどうすればよいのか、わからず、職員室も混乱しています。生徒の親御さんから問い合わせを受けても、何も説明できません」

 こうした状況は全国の学校でも同じようで、インターネット上では現職の教員と思われる人々から、次のような声が上がっている。

「正直なところ、授業が終わりません。未履修問題にどう対応しろと言うのでしょうか。おさまった夏休みにするということでしょうか? 3月は入試の時期です。受験生のサポートをどうすればいいのでしょうか。あまりにも対応が急すぎて、遅すぎて、今職員室内は大パニックです」(原文ママ、以下同)

「正直無理。明日、子ども達に『月曜日からずっとお休みです』って言わないといけないんでしょ。保護者にもプリント出して、一斉メールして。休校はやむを得ない措置だと思うけど、余りにも突然過ぎ。学校現場や保護者の事も考えて」

「現場には、何の指示も出てないのに、いきなりテレビで発表とかされても困ります。子供たちの持ち物だって、今年度終わらす予定の勉強だって、練習していた行事だって、やらないにしてもどうするか対策を決めたり子供たちに伝えるのに時間がありません。明日子供たちが帰ってからの会議では間に合いません。現場の事は何も考えていないんですね」

「1日の猶予も現場になしで、いきなり勝手に決めて発表とかありえないです。子供たちの事とか、来週から誰がおうちで面倒を見るのかとか何も決める時間がないです」

「ちょっとこのタイミングでの発表はあり得ないのでは、と思います。この決定は現場には一切伝わっていませんでした。つまり明日で一旦学校を終えるために、今から明日の朝までの時間しかないということです。受験のこともまだどうなるか決まっていないというのに、一体我々にどれぐらいのことができるのでしょうか? 卒業式もそうですが、この場当たり的な決定には腹立たしさしか感じません」

関連記事