座間9遺体事件現場の部屋も“お祓い”した宮司の「事故物件お祓い日誌」の画像1
照天神社の宮司、金子雄貴さん

 神奈川県相模原市にある照天神社の宮司、金子雄貴さん。彼は、さまざまな訳あり物件のお祓いに15年以上向き合ってきた。その数、1000件以上。事故物件専門、金子宮司の知られざる世界をご紹介する。

ラブドールの魂入れ

 ある日、金子宮司のもとに男性から一本の電話が入った。

「うちのラブドールに、御霊入れをしていただけませんか?」

 神道(しんとう)では霊璽(れいじ)に故人の御霊(みたま)を移して、家庭などで祀ることにより、故人や先祖はその家の守護神となり子孫を守るといわれている。ちなみに、人形供養などの依頼はよくあるが、ラブドールに御霊入れはいまだ経験がなかったという金子宮司。男性は他の神社で断られて困っているという。金子宮司は一般的な宮司と違って、性に対して偏見などまったくないし、何よりも男性は困っている。金子宮司は、「それならば」と、すぐに引き受けることにした。男性はラブドールを助手席に乗せて連れてきた。

座間9遺体事件現場の部屋も“お祓い”した宮司の「事故物件お祓い日誌」の画像2
『超孤独死社会特殊清掃の現場をたどる』(菅野久美子/毎日新聞出版)

「いや~実際に見たけど本当に人間みたいだね。触らせてもらったら本当に人の肌だった。びっくりしたよ。おっぱいも触っていいですかって、どうしても気になって触らせてもらったよね。そしたら、人間の女性と変わらない触感で、本物そっくりで感動したね」

 依頼主の男性は「僕、会社行くときはパソコンの前に座らせとくんですよ」と言って、ラブドールに愛おしそうなまなざしを送ったという。

 ちなみに、魂入れの儀式ののち、依頼主からは飛ぶように喜んでもらえて、「この神社をラブドールの聖地にしましょうよ!」と言われたという。いつか、照天神社にラブドールたちが大挙して押し寄せる日も近いかもしれない。

 ラブドールといえば、金子宮司にとっては、もうひとつ、忘れられない現場がある。関東某所のアパートの自殺現場にお祓いに訪れたときのことだった。

「その部屋はワンルームだったんだけど、扉を開けると雨戸が閉まって中は、真っ暗だったの。よく見るとなんと部屋の片隅に、髪の長い女性が座っていたんだ! 思わず『ぎゃ~!』と叫んじゃったよね」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合