NEW
藤野光太郎「平成検証」IRカジノ解禁の真実(2)

安倍政権が「世界最高水準」と豪語するカジノ管理委の穴…元検事総長や元警視総監らで構成

文=藤野光太郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍政権が「世界最高水準」と豪語するカジノ管理委の穴…元検事総長や元警視総監らで構成の画像1
安倍晋三首相(写真:つのだよしお/アフロ)

「巨悪を眠らせるな!」と言ったミスター検察・伊藤榮樹検事総長は「検察は警察に勝てない」とも言った

 もし、検察が「公務員の職権濫用」を問うて警察を追い込めば、おそらく刺し違える前に検察庁は深手を負う。

 1980年代半ばに検察庁トップに就任し、以降「ミスター検察」との異名を取った伊藤栄樹検事総長(当時)は「巨悪を眠らせるな!」と検察官たちの士気を鼓舞した。“巨悪”とは、いわば「大規模で奥深い犯罪構造の最深部から、意のままに力を行使する存在」としてイメージされるものだ。

 しかし、同氏は自らの検察人生を回想した著書『秋霜烈日』(朝日新聞社)で、「検察は警察に勝てない。勝てたとしても双方に大きなしこりが残る」「警察が捜査で職権濫用せざるを得ないようなら、それを可能にするための法律をつくったらよい」(以上、筆者要約)とも言っている。法の手続きとして、これは正論かもしれないが、法の理念からは逸脱気味であり、道義的には投げやりにも読める。

 伊藤検事総長の時代、政権は米国の意のままに「規制緩和/民営化」の推進を国策とした中曽根康弘内閣だった。かつて特高警察の元締でもあった「内務官僚」出身の中曽根元首相は、もちろん警察と対峙することはなかった。

 仮に警察が組織的な不正を行って、それが発覚したとしても、検察が「巨悪を眠らせない」と本気で胸を張る機会はなかなか訪れがたい。伊藤氏は「巨悪の摘発」を夢想したが、それは今も国内外の高枕でいびきをかいている。

 言うまでもなく、犯罪は立証されなければ成立しない。国民に代わって犯罪を取り締まり、容疑者を逮捕し、起訴して法廷に立たせるのは「警察」と「検察」の役目である。平成末期に準備され、令和に入って始動した「カジノ管理委員会」には、まさしくそれを絵に描いたような人事が配置された。

「検察+警察」という、捜査機関の国内ツートップによる人事構成で誕生した同委員会は、かつて検察トップが洩らした力関係に無縁でいられるだろうか。捜査・立件・公表で両者に政治的妥協があれば、不当・不正・違法は結局、野放しになり、どうでもいいような“雑魚の摘発”だけが「正義のアリバイ証明」として使われることになる。

強行採決で合法化したIRカジノ事業だが、“イカサマ”が心配だからこそ規制機関には強大な権能が

 前回の記事で、「日本におけるカジノ開業に向けて内閣府が設置したカジノ管理委員会は、その役目を全うできるのか」「今、メディアがもっとも光を当てて動向を国民に知らせねばならないのが、このカジノ管理委員会である」と指摘した。民設民営の胴元が開帳する賭博場に不正・違法があってはならず、そのお目付け役は名実ともに「正当に機能する独立機関」であるべきだからである。

 IRは国の監視・管理の下で運営されるカジノの事業収益で、その区域整備を推進することになっている。後述するように、厳しい規制の実施を法令に明記されたカジノ管理委員会には、IRカジノの数と場所を決め、設置・運営の業者を決め、機械・設備の納入業者を決め、以降もカジノ規制のすべてを取り仕切るための強大な権力を委ねられている。