NEW
連載
片田珠美「精神科女医のたわごと」

立川志らくの不倫妻を苛む“志らくへの欲求不満”…今後も不倫をやめられないと考えられる理由

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らくの不倫妻を苛む志らくへの欲求不満…今後も不倫をやめられないと考えられる理由の画像1
「gettyimages」より

 落語家の立川志らく師匠の妻である酒井莉加さんが、弟子と不倫関係に陥っていると「週刊文春」(3月12日号/文藝春秋)で報じられた。事実とすれば、志らく師匠は「妻を寝取られた男」である。こういう男をフランス語では「コキュ ( cocu )」と呼ぶ。

 同じようにコキュの悲哀を味わったのが、19世紀末から20世紀初頭にかけてプラハやウイーンなどで活躍したユダヤ人の作曲家、グスタフ・マーラーである。マーラーの「交響曲第5番」は、ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画『ベニスに死す』(1971年)で用いられて、当時レコードがベストセラーになった。また、1980年代には、「大地の歌」がサントリーのCMで使われて、爆発的なマーラー・ブームを巻き起こした。

志らく師匠とマーラーの共通点

 志らく師匠とマーラーの家庭環境は似ている、というかそっくりに見える。まず、2人とも、18歳も年下で美しい妻を持つ。志らく師匠の妻はアイドルグループで活動していたほどの美貌の持ち主だし、マーラーの妻、アルマも社交界の花形だった。また、2人の娘を溺愛という共通点もある。さらに、妻が不貞行為を繰り返すという点でも似ている。

「文春」によれば、志らく師匠の妻が夫の弟子を“愛人”にしたのは今回が初めてではない。4年前にも別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子に、志らく師匠は破門を言い渡したという。マーラーの妻も、夫の無理解と性的な欲求不満のせいで好みの男性に会うと強烈に誘惑した(『大作曲家たちの履歴書(下)』以下、マーラーの夫婦関係については同書を参照)。

 妻の不倫を結局は許すところも、そっくりだ。志らく師匠は、3月5日、司会を務める朝の情報番組で「私は妻のことを信じております」と述べた。マーラーも、知らぬふりをしたり、ときには自らあいびきの便宜を図ったりした。

 世間体を考えて波風を立てたくないのか、溺愛する娘たちと離れたくないのか。それとも、虚勢なのか、若い妻への自責の念なのか。ちょっと理解に苦しむが、表面上は妻の不倫を許したからといって、夫が心穏やかでいられるわけではないだろう。

 マーラーは、妻の不倫に悩んで精神的危機に陥り、一度だけフロイトの診察を受けたことがある。そのとき、フロイトは「アルマはファザコンだから、マーラーの年齢には魅力を感じるはずだ」と言ったそうだが、この助言が志らく師匠にも有効かどうかは疑問である。

「2度あることは3度ある」反復強迫

 志らく師匠は、先述の情報番組で「このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも1億%ございません」と断言した。だが、「2度あることは3度ある」という言葉通り、妻は不貞行為を繰り返すのではないかと危惧せずにはいられない。マーラーの妻もそうだったからである。

関連記事