NEW
木村貴「経済で読み解く日本史」

元寇、神風でモンゴル軍退散との“虚構”は、なぜ生まれたのか?

文=木村貴/経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

元寇、神風でモンゴル軍退散との“虚構”は、なぜ生まれたのか?の画像1
『蒙古襲来絵詞前巻、絵七』(「Wikipedia」より/Usiwakamaru)

 旧日本海軍が編成した「神風特別攻撃隊」初の攻撃から75年となった2019年10月25日、敵艦への体当たり攻撃などで命を落とした愛媛県内出身の将兵ら約90人の追悼式典が、同県西条市大町の楢本神社であった。遺族や自衛隊関係者ら約250人が黙祷を捧げた。

 毎日新聞によると、兄が戦死した曽我部勲さん(89)が遺族を代表して謝辞を述べ、取材に「戦争は一つも利益がない。してはいけない」と語った。

 特攻隊「神風」の名は、鎌倉時代中期、蒙古襲来(のちに元寇=げんこう=と呼ばれる)の際に吹いた激しい風にちなむ。モンゴル(蒙古)が文永の役(1274年)、弘安の役(1281年)と2度にわたり来襲した際、その都度、嵐によって敵を退け、勝利したとされる。

 その後、国難に際しては神が奇跡を起こして国を守るという「神風思想」が広がり、近代に至るまで大きな影響を及ぼす。神風特攻隊はその最も悲劇的な象徴といえる。

 日本史の通説によれば、文永の役では敵は一日で引き返し、弘安の役では嵐によって、肥前鷹島に集結していた敵船が沈み、全滅したという。ところが、これが事実かどうかはきわめて疑わしい。

 それを検証する前に、蒙古襲来に至る経緯から見ておこう。

モンゴルからの接触は穏便だった

 13世紀、モンゴル高原のオノン川流域に興ったモンゴル帝国は、ユーラシア大陸で急速に勢力を拡大した。建国者チンギス・ハンの孫のフビライは中華世界の制服を目指し、モンゴル高原からの出口に25年の歳月をかけて新首都の大都(北京)を建設。1271年に国号を元と称し、1279年には南宋を滅ぼす。

 経済を重視する元は、台湾海峡に面する泉州をはじめ、寧波、上海、温州、広東、杭州などに貿易を管理する市舶司を設けた。もともと遊牧民のモンゴルが、海で頼りにしたのはイスラム系商人である。アラビア人ともペルシャ人ともいわれる蒲寿庚(ほじゅこう)は、泉州の貿易を支配しただけでなく、元の海軍でも枢要な地位を占めた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ