田崎史郎氏『モーニングショー』でサンドバッグ状態…「専門家会議議事録、数週間かかる」の画像1
『羽鳥慎一モーニングショー』公式Twitterアカウントより

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け7日、政府は改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発出した。すでに国や自治体は外出の自粛を呼び掛けているが、なかでも感染者数が多い東京都は6日、緊急事態宣言が発令された場合として、医療機関での受診、生活必需品の買い出し、勤務先への出勤など「生活に必要な場合」以外の外出を自粛するよう要請したほか、学校、学習塾、映画館、ナイトクラブ、パチンコ店などを具体的が業種名をあげて休業を要請する意向を示すなど、踏み込んだ対応を見せている。

 緊急事態宣言の発出を受け、8日放送のテレビ各局の情報番組はこぞってこのテーマを取り上げるなか、新型コロナをめぐる政府の対応へ批判的なスタンスが目立つことで知られる情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、出演者たちの熱い議論が交わされるシーンがみられた。

 安倍晋三首相は7日の記者会見で国民に、人との接触を7~8割削減するよう呼び掛けたが、これについて政治ジャーナリストの田崎史郎氏は、政府は「今回の宣言で外出自粛が自主的に進み、効果が出る2週間後に向けた対策を考えるべき」との考えであると解説。その後、田崎氏、コメンテーターの玉川徹氏、元国立感染症研究所研究員で白鴎大学教授の岡田晴恵氏の間で、次のようなやりとりがみられた。

玉川氏「(東京都は営業自粛を要請する業種の)リストを全部出してるわけでしょ。(国は)それが厳し過ぎるって言って、2週間様子を見るでしょ。それじゃダメでしょと」

田崎氏「専門家会議の話で、8割がた行動制限してくださいと。2割は動いていいですよって言っているわけですね。まず外出自粛の要請をして、様子みて、効かないんであれば、こっちのほうをやる。いきなり経済・社会の息の根は止めるようなことはしないでおこうという判断です」

玉川氏「いや、息の根止めてるじゃないですか、イタリアにしたってフランスにしたって」

岡田氏「“8割がたをまず抑えましょう”と。“じゃあ2週間様子をみて、じゃあ次にしましょう”というのは、専門家会議からのアドバイスなんですか? “様子をみていい”というのは、どっから出てきたんですか?」

田崎氏「それはおそらく西村(康稔・新型コロナ対策)担当大臣と(専門家会議副座長の)尾身(茂)先生の話し合いの中で出てきたことだと思います」

岡田氏「それならば、専門家会議の議事録というのを公開していただけないんでしょうか? というのは、8割がた抑えるというのに、2週間様子を見るというのに、専門家会議でどなたが、どういう意向で言ったのか」 

田崎氏「いずれ公開するようになっているんじゃないですか」

岡田氏「いずれではなくて、焼け野原になった後では困りますので」

田崎氏「それは時間かかるでしょ」

玉川氏「時間かかんないでしょ。議事録なんて」

岡田氏「他のワクチンの委員会でもなんでも、速やかに議事録出しますよ、私たち」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ