突然600人全員解雇…タクシー業界が緊急事態宣言でどん底に、時給500円で最低賃金以下の画像1
「gettyimages」より

 安倍晋三首相が「緊急事態宣言」を発令した翌日の4月8日、午前11時。千葉県某駅のタクシープールを見ると、入る余地がなくなっていた。「いつもなら朝は3台くらいしか待ってなくて、簡単に入れるんですけどねぇ。ここ1週間ほど、ずっとこんな感じです」と、運転手がため息まじりでこぼしていた。

 有給休暇を取ると給料が下がってしまうらしいが、「2コロ(1日の売り上げが2万円台)なら取ったほうがいい。3コロなら出たほうがいい。どちらになるかは出勤してみないとわからないですが、この調子だと今日はおそらくダメです」と語る。3月下旬から夜の動きが鈍くなり「終電後は3時間待ちもザラ。ワンメーター(500円)の後に5000円の客が乗ってきたりね」という。

 通常なら3月や4月は異動の時期で歓送迎会が多く、飲食店が潤うので、タクシーにとっても12月に続く稼ぎ時だ。しかし、新型コロナウイルスの影響で現在の時給は実質500円台となっている。最低賃金を大幅に下回る状況など、誰にも予測できなかった。

台数増も乗客大幅減、月収は3分の1に

 通常、午前中はナイト勤務の車がおらず、昼間勤務や隔日勤務の車が動き回っている。乗客の多い日は“タッチアンドゴー”(駅までの乗客を降ろした後、すぐに乗せるパターン。空車時間が少なくて済む)で売り上げも1時間3000円、時給にして1500円ほどだが、4月に入ってからは「昼間しか動かないから、ナイト勤務が早めに出勤し始めた。その影響で車が多すぎて、1時間に1回しか乗せられない。ワンメーターだとガックリします」(前出の運転手)と嘆く。1時間待って500円では帰りたくなる。

 別の運転手は「普段なら1日平均5万円いけるけど、今は2コロだよ。俺たちは2日で1出番だから、2コロだと手取り1万円、日給5000円。みんな『1コロナ、2コロナ』と『ナ』をつけてこぼしている」。今や、やる気ゼロの状況だ。

 都内勤務の運転手にも話を聞いた。

「いつもなら番付(営業所に張り出される乗務員別の売り上げ)下位で5万、上位で8万だけど、今は1~3万だね。この前、新橋で夕方6時に手が挙がったんだ。前の個人タクシーを無視していたから“チケット客だ!”と急停車すると、埼玉の久喜までだった。2万3000円の客だったから助かったけど、そうそうないよ」とのこと。

 都心において、コロナ感染を恐れて電車に乗りたくないチケット客が早い時間からタクシーで帰宅するパターンは、少しだが増えたという。

 タクシーは「客」と「台数」の関係で需給バランスが保たれる。たとえば、一定のエリアでタクシーが100台、1時間の乗客数が300人なら、乗せる回数は1台あたり3回となる。そんな両者の関係が、今は1対1にまで落ちている。会社が休業補償をして運転手を休ませ、動く台数を減らしたほうがいいとも感じるが、「車を出すほど金が入る」と考える経営者も少なくない。台数の多い会社なら、なおさらだ。

 つまり、休むかどうかは運転手に任せる会社がほとんどだ。そんな中、ハンドル時間(最低走らなければならない時間)はなくなりかけている。今の状況でハンドル時間など、無意味だからだ。台数が多いほど、LPガスの経費が増えるだけである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ