薬「レムデシビル」、コロナ感染者が急速に回復…1週間以内にほぼ全患者が退院との報道の画像1
新型ウイルス肺炎が世界で流行 緊急事態宣言下の神奈川(写真:ロイター/アフロ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は16日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象を全国に拡大。政府は平日の外出自粛などを呼びかけ、東京都など一部自治体は特定の業種に対する営業自粛を要請。その影響は飲食・小売り・旅客・宿泊業に限らず幅広い業界に広がり、すでに倒産も続出する一方、国内の新型コロナウイルス感染者は1万1496例、死亡者は277名に上っている(22日現在)。

 コロナ対応に追われる海外、国内の動きをみてみよう。

財界、富士フイルム

 4月15日夕に経団連の中西宏明会長、16日夕に経済同友会の桜田謙悟代表幹事が安倍晋三首相とテレビ会議をし、同席した経済人が改めて安倍首相に協力する旨を確認した。

 デンカの山本学社長は「アビガンの原料生産に向け、3年前に停止したプラントの再稼働」を行うと表明。「困難は伴うが、デンカにしかできないという心意気でやる」と強調した。

 そのアビガンを製造する富士フイルムホールディングス(HD)は4月15日、アビガンの増産を始めたと発表した。3月上旬時点の月約4万人分から7月には約10万人分、9月に約30万人分に生産を増やす。政府の要請で3月上旬に生産を再開した。

 子会社の富士フイルム和光純薬は1億円を投じ生産設備を改造。医薬品中間体の生産能力を引き上げる。これで1カ月に約30万人分のアビガンを生産できるようになった。今後は和光純薬の子会社、富士フイルムワコーケミカルが10億円を投じ、原薬の生産能力をアップさせる。10月以降の稼働を目指している。

 カネカは4月16日、アビガンの原料を供給すると発表。株価は一時、501円のストップ高の3140円まで買い進まれた。「アビガン」が株価の特効薬であることは証明されている。

株主総会

 3月決算会社はバーチャル株主総会になるという材料もあり、ブイキューブ(東証1部)と協業するアステリア(同)の株価が4月16日、80円高(ストップ高)の460円となった。17日も80円高の540円。インターネットを通じて株主総会に出席する「バーチャル株主総会」が何社かで行われる。ブイキューブのライブ中継配信サービス「SCP」とアステリアのブロックチェーン技術を用いて、バーチャル株主総会における「会社側の報告」「株主の質問」「議決権行使」をワンストップで実現できるという。

 東証調べだと3月期決算会社の今年の株主総会は6月26日(金)に集中。全体の32.5%の企業が開催を予定している。4月6日時点で7月以降の開催を予定と回答した企業はゼロだったが、全体の5.6%の会社が「7月以降に延期するか否かを検討中」としている。経済産業省はリアルの会場で株主総会を開催する一方で、その会場にいない株主がインターネットなどで遠隔地から出席・参加できるハイブリッド型バーチャル株主総会を推奨している。東証の調査でも、このハイブリッド型を検討している会社が少数ながらある。今後、ハイブリッド型が増える可能性は高い。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ