NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

コロナ禍、「パパ活」女子と根深い経済問題…女性・男性双方にリスク、脅迫や美人局も

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ禍、「パパ活」女子と根深い経済問題…女性・男性双方にリスク、脅迫や美人局もの画像1
「Getty Images」より

「大人3でいかがですか? 近場なら2でいいですよ?」

 20代ごろの若い女性が、主に30代以上の男性との食事やデートに付き合う対価として金銭を受け取る「パパ活」では、このようなメッセ―ジがアプリ上で飛び交っているという。冒頭の「大人3」は「3万円でホテルに入る」を指す隠語だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、経済減速が余儀なくされるなか、失業を余儀なくされた女性がパパ活に走るケースが増えているという。パパ活の実態に詳しい30代の男性会社員はこう解説する。

「パパ活は基本的にアプリを通じて行います。若い女の子とヤリたい男とカネが欲しい女の子がマッチすれば交渉成立というケースもあります。相場はだいたい3万円というところでしょうか。女の子によっては7万円など通常の相場の2倍以上を提示してくることがあり、交渉次第でかなり変動します。ただ、なかには『茶飯女』と呼ばれる、ご飯やお茶だけで5000円や1万円をとる子もおり、必ずしも肉体関係におよぶわけではないのも特徴です。

 パパ活自体はコロナの感染拡大前からありましたが、飲食店などの営業自粛の影響に加え、キャバクラなど夜の街でも働けなくなった女性がやむを得ず流れ込んでくるパターンが今年に入り増加しました」

岡村発言

 5月1日、人気お笑いコンビ、ナイティナインの岡村隆史氏がニッポン放送系のラジオ番組での発言が物議を醸した。岡村氏がリスナーからの「新型コロナで風俗に行けない」との相談に対し、「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢やります」「短期間でお金を稼がないと苦しいですから」と返答したもので、批判を浴び謝罪に追い込まれた。これについて、風俗業界への取材が長いライターはこう話す。

「コロナ禍は普通の経済不況とは違うので、そもそも風俗やキャバクラに行く余裕がある人が減ってくれば、店自体がなくなっていく可能性もあります。昼の商売が細れば当然、夜の商売も細りますから。パパ活はアプリに登録するだけで商売を始められるところが、最近注目を集めている要因なことは間違いありません」

跋扈する美人局

 パパ活に頼る女性が増える背景はわかったが、個人同士で手軽につながるということにはリスクも付きまとう。先の会社員男性によると、スケベ心につけ込もうとする業者がアプリ内では跋扈しているという。

「基本的に女の子の写真にグラドルだとかアイドルの卵だとか、売り文句が入っているのは怪しいですね。こういうのはもはや素人ではなくて、専門業者である可能性が高い。決して彼女らが個人で動いているわけではないので、揉めると強面の男性が出てきます。男性側が何もしてなくてもトラブルに巻き込まれる可能性もあります。