株式時価総額国内2位、利益率50%のキーエンスとは何者?無敵の“現金リッチ”経営の画像1
キーエンス HP」より

 株式時価総額(株価×発行済み株式数)は企業の価値を評価する指標である。東京株式市場での5月15日(5月第3週)終値での時価総額ランキングは次の通りだ。

・1位:トヨタ自動車 20兆3904億円

・2位:NTTドコモ 9兆8570億円

・3位:ソフトバンクグループ(G) 9兆5588億円

・4位:キーエンス 9兆4534億円

 トヨタは別格としても、ドコモ、ソフトバンクG、キーエンスが2位争いを繰り広げている。キーエンスは一般にはなじみがないが、省力化の先兵となるファクトリーオートメーション(FA)機器向けのセンサーや研究開発に使う計測器などのメーカーだ。

 キーエンスの抜群の財務力がプロの投資家から高く評価されている。2020年3月期の連結決算は売上高が前期比6%減の5518億円、営業利益は13%減の2776億円、純利益が12%減の1981億円だった。決算期変更の影響を考慮すると実質的に最終減益となるのは10年ぶりのことだ。

 米中貿易戦争の影響で、世界の主要地域で企業の設備投資の意欲が減退した。20年1月以降は中国を中心に新型コロナウイルス感染拡大による工場稼働率の低下が響いた。高収益会社として知られるキーエンスでさえ、外部環境の激変の影響を受けた。

 21年3月期の通期予想は公表していない。4月27日時点での市場予想平均(QUICKコンセンサス)は、売上高が7%増の5902億円、営業利益が11%増の3070億円と増収増益を見込んでいる。配当は年200円とする方針だ。19年11月に1株を2株に株式分割しており、実質的に100円の増配となる。

 今後は新型コロナの感染防止のために生産現場で密閉・密集・密接の「3密」を避ける動きが広がる。人手を介さない自動化につながるセンサーの需要増が見込めると、アナリストは分析している。新型コロナウイルスの影響が広がる20年3月期でも、キーエンスの売上高営業利益率は50.3%と高収益体質を維持した。3月末の現金・預金と短期有価証券の合計は9441億円にのぼる。自己資本比率は実に95.8%に達する。

 コロナ禍のような非常事態で、最後に頼りになるのはキャッシュ(現金)である。「キャッシュが王様」という古くて新しい教えが繰り返されるようになった。キーエンスは無借金。手元資金(現金・預金・短期有価証券)は年間売上高の1.7倍だ。コロナに抗する耐久力で抜きんでている。

 創業者である滝崎武光取締役名誉会長がキーエンスを耐久力のある高収益企業に育て上げた。倒産を2度経験した滝崎氏は、リスクを抑えるため生産設備を持たず、代理店を介さない直取引という事業モデルを貫徹した。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ