大戸屋、コロワイドと全面抗争へ…「自己都合で不適切な形で子会社化を強行」と非難の画像1
窪田健一・大戸屋HD社長

 経営再建中の大戸屋ホールディングス(HD)は5月25日、都内で記者会見を開き、経営陣刷新を求める筆頭株主のコロワイドに対して徹底抗戦していくことを明らかにした。コロワイドは昨年、大戸屋HDの創業者一族から株式を取得し約19%の筆頭株主となり、経営陣の刷新とセントラルキッチン導入や食材調達・物流網の共有化で経営の効率化を進めていくことを表明していた。

 これに対して大戸屋HDの窪田健一社長は、「本日の当社取締役会にて、コロワイドからの株主提案に対して反対する意見を決議しました」とした。

「反対する理由はいくつもありますので、詳細は本日発表したプレスリリースをご覧いただければと思いますが、私から断言できるのは、『大戸屋の未来』を創るのは現経営陣であり、株主提案には『大戸屋の未来』はないということです」(窪田社長)

 どういうことなのか。

「株主提案では、セントラルキッチン導入などで単純にコストカットするという、コロワイドの『自己都合の対策』以外に、企業価値をどうやって向上させていくのか、まったく示されていません。コロワイドの都合でセントラルキッチンが導入されれば、料理の味や鮮度などの品質が低下し、大戸屋の店内調理による良さを完全になくしてしまうものだと考えます。当社でも、これまでに聖域なく経営改善を検討する中で、セントラルキッチンの可能性について検討済みですが、当社においては効率化やコスト削減につながらず、かえって深刻な顧客離れにつながると考え、セントラルキッチンの採用はしないと判断しております」(窪田社長)

 さらに窪田社長は、コロワイドの買収手法は大戸屋の株主にとっても有利なものではないという。

「コロワイドからは、当社株主に対して、どのような条件・方法で子会社化を進める方針なのか、まったく示されていません。それにもかかわらず、コロワイドからは、TOBでは十分なプレミアムを付けないと応募が集まらないことから、まずは株主提案で取締役会を支配する、その後に経営支配権を取得する目的で第三者割当増資を実施する意向だと言われています。株主提案が通ってしまえば、このような不適切な形で一方的な子会社化が強行され、株主の皆様の利益が害されることを強く懸念しています」(窪田社長)

取締役選任の株主提案

 さらにコロワイドは今株主総会で現任の大戸屋HD取締役5名を含む12人の取締役選任を株主提案している。

大戸屋、コロワイドと全面抗争へ…「自己都合で不適切な形で子会社化を強行」と非難の画像2

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ